<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

シリーズCMを考える(2)



 瓦版が始まり、平賀源内が「土用の丑の日」というキャッチコピーを考え、新聞広告でツムラが「懸賞広告」を出して。セイコーが時計のTVCMを初めて出した。録画技術がなかったから生CMが普通だったのが、ビデオ技術の発展で「作品」としてのCMが主流になった今日この頃。
「広告」は「商業」が行われていく限りになくならないだろうし「動画」がなくなることはない。ただ、地上波テレビにおいてCM単価は下がるだろうなぁ、と予想される。
今は、「費用対効果」で、その効果の部分で測定できるのは、「番組視聴率」と「商品の売上高」視聴率が良ければ、商品が売れるはず。視聴率が良くて商品が売れなくてもそれは、「広告主」の責任になる。もしくは、それを作ったCM制作会社?
責任の所在が明らかにならないなぁ。



 SF小説の中でフィリップKディックが活躍したのが60年代後半から80年代。個人的に好きなのは短編集。傑作というか印象的な作品が多い。作品のいくつかは映画の原作にもなっている。その当時の小説はSF=近未来を描いている作品が多い。その作品の一つに広告に囲まれた社会から逃げ出そうとする主人公が書かれている作品を覚えている。
また、ディック原作の映画「ブレードランナー」では、それまでの「近未来」とはちょっとつがった雰囲気になっている。それまでは、「白」を基調としたイメージ。管理された社会、なんだけれども、ブレードランナーは、黒を基調として「混沌」とした雰囲気。そのイメージはその後のいろいろな作品に影響を与えた。
ブレードランナーの中で印象的なのが「コカコーラのコマーシャル」結構デカデカと登場する。その影響からか、「フィフスエレメント」でも登場する「コカコーラ」広告に少なからず影響を与えている商品といえば、コカコーラ。(良くも悪くも)
映画館でのサブリミナル効果を取り入れたのも、「ボトルのデザイン」そして、クリスマスカラーを決めてしまった影響力。広告に実験的要素を取り入れながら、人々の潜在意識に忍び寄っている、「麻薬のような(笑) 」コカコーラ(笑) 。
(まぁ、一説によるとコカコーラの「コカ」はコカインのコカらしいからねぇ)
(話が脱線しちまった……)

 広告は、商品を売っていく上ではなくならない。でも、テレビCMの効果は以前ほど影響力を持たなくなるだろう、と。ストリーミング放送が普及することによって。そして今テレビ局が何をしているかと言えば、「規制」によってストリーミング放送の競争力を削ごうとしていること。「著作権の規制」で。

記事を引用すると

『著作権法上、「自動公衆送信」は放送に際して権利者へ許諾を求めなくてはならない範囲がほかの手段に比べて広く規定されているからで、著作権者だけでなく、実演家やレコード製作者といった著作隣接権者からも許諾が必要となるからだ。

 同一の内容を異なる送信経路で同時に送信する「同時再送信」だけに限定しても、有線放送の場合ならば放送局は著作権者だけに許諾を得ればいいのに対して、自動公衆送信の場合は著作権者/実演家/レコード製作者すべてに対して許諾が必要となっている(著作権法第23条、第92条2項、第96条2項)。

 結果として、自動公衆送信と有線放送では、同一の内容を同一の視聴者に送信する場合でも、権利者へ許諾を求めなくてはならない範囲が異なるという事態を引き起こしており、その許諾範囲の違いが、IPマルチキャスト放送を行う事業者からは同時再送信を行う際の障壁になっている』
(ITmedia +D LifeStyle:IPマルチキャストが「放送」になる日 (1/2)より)




要約すると、ビデオオンデマンドとか、GYAOとか「こういうのみたいなぁ」と思ったときに観られる放送の事を「自動公衆送信」ってカテゴリになってそれで放送する場合には著作権の許諾が普通の放送?に比べてめちゃめちゃ多いって事。
 だから、昔の作品を「ながすよぉ~ん」なんて事をしようと思ったら、許諾を得る手続きがすっげー面倒。
でも最近制作されている作品は、そういうことも含めて「許諾」がセットになっているから比較的「放送」しやすいのだそうな。
(放送とかになるといつも絡んでくるよな、「日本レコード協会」)

それでも映像の配信の中で「自動公衆送信」の比率は高くなるだろうしテレビCMはHDDの普及で「スキップ」されてしまう。そうなるとスポンサーがふと思う。
「別にテレビCMにこだわらなくても良いじゃん♪」
ストリーミング放送の中でCMが強制的に入るのがGYAO。スキップできません(笑) そんでもってまた印象的なCMが多かったりする。
「ニマンエンドウ」だったかな、マギー司郎さんのCM。
便利なのは、「強制的にWEB誘導型」
気になったCMをクリックすれば「そのサイトにジャンプ」します。

これをさらに進歩させれば、「その個人」にあったCMを効果的にぶつけることが出来る。例えば視聴した番組の履歴からどのようなことに興味を持っているかがわかる。こういう番組を観る人は、こういう商品に興味がある。だから、そのCMを流すようにしよう!と。
これは「検索サイト」で既に実施されている技術の応用で……
 もちろんテレビCMでも同じようなことはやっているのだけれど、それがより「効果的」に出来るようになる。
(後は視聴者数の絶対数がまだテレビの方が強いけれどね)





有名で当たり前の話だけれど、「今生きている人で唯一と言える、『平等』なモノ」それは時間です。1日24時間。それは変わらない。後どれだけ残っているかは、別にして、時間の使い方は個人次第。でもそれは「平等」に与えられている。溢れかえっている情報。その中で「より多くの刺激」を求めようとすれば不必要な情報は、切り捨てられる……

って、やっべぇ~~、自分のブログって……

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-31 00:06 | シリーズ?

シリーズCMを考える(1)

(って、一回で終わるんでないの?)
→確かにそうかもしれない。。

昨日はCMの日でした。
いつの間にCMの日?とか思ったりもしたのですが確か初めてCMが放送された日という事でまぁ「何とかの日」は言った者勝ち!みたいなところがあるから好きにして下さい(笑) でも生活と密接に関係しているCM。その事について勝手に考えてみようかと思う、「シリーズCM」全1回。
……それってシリーズって言わないし…
予定では、かなり長い量になるので数回に分けようかなぁ、と思ったりしているわけです。
CM論とかではなくて、自分が勝手に考える独り言のような内容。内容は相変わらず、
「ナイヨウ~~」



 CM業界と言うのでしょうか?去年から「CMのCM」と言うのが始まっています。これは間違いなく「去年から!」あの記事がきっかけになっていると思われます。そう、「HDDレコーダの普及でウン千億円の損失」というあの記事です。(忘れた人がほとんどだと思われる)記事の概略は「HDDレコーダで録画することによってCMスキップが日常化している。そのためCM効果が下がって損失が出ている」という内容。その後別の経済研究所が「そんなことなかと!ちゃんとCMは宣伝効果を発揮しておるたい!」(なんでエセ鹿児島弁?)
→焼酎をしょっちゅう飲んでいるから?

 さて、CM効果、特にTVのCM効果は下がっているのでしょうか?それとも??これはテレビ局にしてみれば死活問題。それにCM制作もスポンサーが「CM効果」=「広告効果」がないのに高い予算出せないよぉ。ってな事になればご飯が食べられなくなってしまう。高いお給料もすべては、「スポンサー」があって初めて成立する事。だから、CMを作る側もそのCMを流す番組もテレビ局も「視聴率命!」になるのは必然だと言えます。
 ここで素朴な疑問。
 「HDDレコーダで録画した場合視聴率はカウントされるの?」まぁ、視聴率自体特定の家庭に設置された機械による集計だから、「統計」的にはあっているかもしれないけれど、実際はどうなんでしょうかねぇ。疑わしい。

「HDDレコーダ」が登場したことによって、一台で同じ時間帯の複数の番組を録画できるようになりました。普通にTVを観るよりも、いろいろな番組を観たいと思った場合、番組の内容を観たいのであって、CMを観たいわけではありません。(観たくなるCMもありますけれど)ここで一つの仮定を立てます。

「TVCMは、real time視聴を前提としている」
家に帰る、TVの電源を入れる。何となくTVが流れている環境。これはある意味自然だと思うのです。TVが流れていて、番組があって、その間にCMが流れている。何となく流れているCMでも繰り替えしみているうちにイメージが頭に残るようになって、買い物するときにA、B、二つの同じような商品があるとき、CMのイメージで選んでしまう。それが、CMの効果。(そんな内容だったよな、大学の授業」)
つまり、競争する相手に勝つために「CM」でイメージ作りをしておく事が売れるためには必要!っていう事になる。
 それは、「何となく流し観ている」からCMを観るのであって、しかもそれはあくまでも受動的。積極的にCMを観ようとすることが「どれだけあるんだい!」(皆無とは言いませんけれど)
つんまり、「CM」は流し観ているという条件で成立するのではないか?と言うことです。そのためには「real time視聴」でなければならない。なぜならば、最近のHDDレコーダは標準で「CMスキップ機能」がついているから。テープで録画しているときと違って、すぐに別の番組をチェックすることも出来るし、以前のおもしろい番組を観ることも簡単にできる。
そして何より一番の問題は!!
「人の時間は、平等で限られている!」って事。
 例えば本を読んだりするのであれば、1冊あたり読む時間には個人差があるでしょう。でも「動画」は「時間に縛られる」のです。一日の限られた時間の中で「おもしろい番組を観たい」という欲求……では、どこを削るか、省略するか?CMだよなぁ、、って事になる。

「HDDレコーダの普及でCM効果は下がっている(下がる)」という意見と「そんなことはない。以前と同じ効果がある(あり続ける)」どちらを信じることが出来るか?自分は前者なんですけれどね。「HDDレコーダの普及でTVCMの効果は下がりつつある、下がると思う」
 その結果として、「CMのCM」だったり「CMの日」だったりするのではないか?以前と変わらない効果があるとするならそ「CMのCM」も「CMの日」も「昨日のドラマ」も“なかった"はずではないのか?

 そうCMを作る人たちは「危機感」を持ち始めている……



 初めて右揃えで書いてしまった(笑)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-29 22:40 | シリーズ?

気になるデジタルカメラ2品。

自分が使っているデジタルカメラは、

携帯のカメラのみ

機能は限られているけれど

その限られた機能で

頑張ろうとするところが、


自分流。



まだ使いこなし切れていないけれど(笑)




そんな中でも、

「買っちゃうかぁ、、」と思うツールは

あったりするのです。

9月(何で9月と思うのですが…)

だって、ボーナス時期も過ぎたし

夏の海水浴シーズンも……ってね。

そう、海水浴シーズン。

ついに出ました、「防水ビデオカメラ」

SANYO『DMX-CA6』

a0019501_22234448.jpg


アダプターつけたりして「防水」にすることは出来ますが、

今回のこれは、「標準でついています」

この機種シリーズは以前から気になっていたのですが

実際に「人に勧めて」実物使ったこともあります。

今回は、「600万画素」で静止画用デジタルカメラとしても使えます。

最上位機種ですと、「はいびじょん」にも対応。

大きさが、「本気で手のひらサイズ」

(本気じゃない手のひらサイズって、なんだ?)

そう、たばこより二回り大きいぐらい。

だから、軽いし、持ち運びが便利。

起動も早い、すぐに使える、高画素数。。

また、基本は320×400(だったかな)

600万画素は、多いかなぁ、と思うけれど、

「その多い分、暗いところに強くなっているそうな」


なので、「ビデオカメラ」として撮影して
(録画はSD)

パソコンに取り込んで、編集して…DVDに焼くことも!
(普通はそうやって使うそうな)

つまり「パソコンとの相性を考えたビデオカメラ」

4万円とお手頃値段。

これから、動画で「ブログ」をやろうと……勇気はない(笑)

でもそういった投稿サイトを利用することを考えたり、

デジカメ感覚で「動画」を撮ることが出来るツールとしては

新しい利用シーンが考えられますねぇ。


そして、もう一つは、

キャノンEOS 一眼レフの初心者機。

『EOS Kiss Digital X』

a0019501_22242455.jpg


記事によれば、キャノンのシェアが下がってきたから

起死回生の一発(かんたくん)

宣伝費も通常の1.5倍。

久しぶりに、本気モード?のキャノンががんばった一品。

自分自身が写真を趣味にしようかなぁ、と思い始めたら、

こういった初心者機からはじめるのも良いでしょうねぇ。

機会があれば触ってみたいモノです。

ところが、自分にとっては、まだ「使うモノ」ではなかったりします。

(以前だったらとりあえず買ってしまう物欲番長)

自分がそれを使う「シーン」を考える

そうすると、この2機種とも魅力的ながら、

自分には、「それを使っているシーンが思い浮かばない」

だからそれは自分にとって「道具にならない」

当たり前のことなんだけれどね。

あふれかえる情報の中で、

「道具を使うか」

「道具に使われるか」

できれば道具を使う『人』でありたいなぁ。。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-28 22:24 | Tool

同じような写真を3枚。

最近「写真」を撮ることがないなぁ、と。

写真を撮らなければ、

ネームカード登録して1Gになって意味半減。

登録してしばらく経つのに写真がない。

そりゃ困ったなぁ、と。

場所は錦糸町a-byss いつのもお店。

そこで飲んだ瓶を撮影してみようと……

(前の記事でも載せているけれど)

→飲み過ぎだよ、自分

同じような写真を3枚アップしてみると

a0019501_12142829.jpg


a0019501_12123450.jpg


a0019501_12124784.jpg


そう微妙に異なる。

同じ携帯で撮影しているのですが

一枚ずつ、「撮影モード」を変更してみました。

そうすると、「こういう場面ではこの撮影モードがよい」

と、わかるはずだったのですが……

3枚目…結構良い感じかなぁ、と思うのだけれど、

どのモードで撮ったの自分?

う~~ん、なぞだ。

今回は、「こうやって撮ることができる」とわかったことで、

納得するようにしましょう。

ちなみにa-byssでは座る場所は9割方同じ場所です。

他の席だと落ち着かなくなってしまった自分。

欠点は………つい長時間になってしまうこと。

きをつけよ~~っっと♪
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-27 12:13 | Ich Drinken

オーパスワン・2001年

~オーパスワン・オモテ~


って、自分は横着なのか?

先日久方ぶりに飲みました
「オーパスワン」

ロバートモンダビーの傑作、オーパスワン

今回は2001年です。

振り返ってみると4,5年ぶり。

久しくワインから遠ざかっていたような。

今年は、「国内産ワイン」という縛りをもうけていた自分。

でも久しぶりに飲んでみたいなぁ、と。

a0019501_11543048.jpg


(3万したけれど)

良いワインというのは面倒なモノです。

3万円ぐらいだと、まだ大ざっぱに楽しめる

自分の中では、この辺が限界です。

それ以上になると、一緒に食べるもの、わかりません、

見つかりません(笑)

ワインと食べ物は、足し算ではなくて、かけ算。

美味しいワインに合う食べ物があれば、

それは、「まっじ、シアワセ」

なんですけれど、高いワインほど、食べ合わせが

難しくなる。

ストライクゾーンが狭くなると言うか……

でもはまったときには最高に感動できます!


わかっているけれど、自分の上限は

「オーパスワン」と決めております。

そんなオーパスワン 2001年。

初めてです。

飲むときの注意点。

「テースティング」してから、栓を抜いた状態で

30分以上放置しましょう。

呼吸をさせないとちょっときつい。

95年とか、90年は、ブルゴーニュ系の雰囲気、

ベリー系の香りが強かったのですが、

01年は、ボルドーふうになっているような気がしました。

深みというか、渋みが楽しめます。

食べ合わせとしてはやはりブルーチーズかなぁ、と。




→オーパスワン・ウラ
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-24 13:16 | Ich Drinken

透明なヨーグルト



笑いの神は降りてこなくても

お酒の神は舞い降りる(時がある)

時々閃く黄金分率?

いつものように錦糸町a-byss

ZIMAが飲みたくなった

ZIMAは甘いビール?(発泡酒なのかなぁ)

ライムやレモンと一緒に飲むことが多い
(コロナみたいだね)

そこで閃く。

「マリブ入れたらうまいんでない?」

そこでZIMA一本と、マリブをショットで注文
(で、マリブのショットっていくらなのオサム君?)

ロックグラスに氷を入れてもらい
ZIMAを注ぐ。

そこに『適量』マリブを注ぐ。

しかるに!

ヨーグルトの味ができあがり♪

まぁ、焼酎にキュウリ入れてメロン味の

カッパ

ジン、ウォッカ、テキーラ、ラムとコーラで
紅茶の味がするときもある
ロングアイランドアイスティ

ZIMAにマリブ入れてヨーグルト味になっても
ある意味当然
不思議ではない。
が、しかし!
分量を間違えると、
マリブが寄りつき、土俵際

絶妙の加減が意外に厳しい。

ZIMAマリブをお店のバーテン、オサム君に
試しに飲んでもらった後、

同じように作ってとお願いしたら

「マリブ寄り切り」で勝ってしまった…

それやってしまうと、
ヨーグルトの味、しないとですたい!

残念でしたね、オサム君

(でもオサム君のマルガリータはおいしいよ♪)
と、ミスター味っ子ふうで。
(ちょっとアルコールきつめだけれど)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-23 09:59 | Ich Drinken

バタフライとビール。

「バタフライの泳ぎ方は身体が知っている」
(ってまじっすか!)

美味しいビールを「どうやって入れるか」
答え
「それはビールが知っている」
(なんじゃそりゃ)

水泳を教えているときにふと思ったこと
人はどうやって上手い、下手を判断するの?

速く泳げるから上手いのか?
でも、ゆっくり泳いでいたとしても
「上手く見える」
では、水泳の知識があるから
上手い下手を判断しているのか?
でも、水泳の知識がなくても上手い下手を
判断することができる。

はて?人はどこで上手下手を判断しているか?

その頃であったのが、「複雑系」の本で
…以下略(って、おい)

その事から、泳いでいるときには、
ある点のあるなしで上手い下手を
判断することができる(らしい)
と、仮説を立てたわけですたい。
(ストレンジ アトラクタって奴だね)

その点ってなに?

前での溜というか、伸びといいますか…

泳ごうとするとき意識するのは、
進むこと。
だから、掻くことを意識してしまう。
でも、バシャバシャ掻いていても
「溺れているように見える」
逆に、「伸び」があると、
「上手く見える」
と、言うことは、「伸びができれば」
「上手く見える」

そこで、教えるときに
「親指の力を抜いて前に伸びる」
これを「核」として、泳ぎを教えると……

え~~と、二時間で四種目何とかなる!
(これ事実)

バタフライを泳ぐとき、
やっかいだと思われるのは、
ドルフィンキック
両足を揃えた、キックなんだけれど、
あれって、
「肩」と「顎」で作るんだよねぇ。。
足の動きを肩と顎で作るって?

それも、「親指の力を抜いて伸びる」
それを意識すれば、
顎と肩が、楕円運動をするから、
その動きを足に伝えれば、
「ドルフィンキック」になるし
その動きに、
手をチョコチョコってくっつければ
「バタフライになる」
(って、まじっすか?)

→チョコチョコにちょっとコツがありますが。

基本形は、「親指の力を抜いて前に伸びる」

これで何とかなる
しばらく泳いでいないと
フォームが「めちゃめちゃ」になっている

自分でフォームを修正しなけりゃ
イカントデス

そうしたときには、
「親指の力を抜いて前に伸びる」
事を意識しながら泳ぐと
良い感じに仕上がるとですたい

(あれ?ビールの話はどこいった?)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-22 09:54 | Ich Drinken

iDって便利!……かぁ?

少額クレジットにDocomoが参入しました。DCMXです。
DCMXminiは、申し込みが簡単。月額1万円まで通話料と一緒に請求されます。
DCMXminiは、クレジットの一つとして、iDで利用することができるのです……がぁ~~~。
これって、便利か?使えるか?どうなのよ、iDって。

これからの携帯を考えたときに、「おサイフ携帯」は一つの要素にになります。そこで利用してみました、iDを数回。






結論

便利ではありません、現時点では。

いろいろな問題があります。

多分、現時点で一番利用しやすいのは、Suicaだと思います。

iDが便利でない理由。

使える店舗が少なすぎる!!!!!!!!

これだけでも、充分ですが、これは今後改善されるだろうなぁ。

でも、一番の問題。

「ピッ!!」ってお会計することができない!

これ致命傷。

一番長いときで、ナチュラルローソン銀座六丁目店。

バーコードで商品を読み取った後に、端末に金額が表示されるまでに3分。

すっげー待たされた。

これだったら現金で会計した方が何倍も便利。

SuicaやEdyであれば、「ピッ!」って感じで小銭のやりとりをすることがなくて便利なんだけれど、

iDは利用できる店舗数、運用面(人の教育)、端末の処理能力。

すべてで、「問題あり!」ですねぇ。

来年以降では、まずセブンイレブンが「POSレジ更新」に伴って、多分利用することができるようになるでしょう。

また、EdyとかSuicaとかiDの統一端末が登場します。

ですから今は導入期。問題点があって当たり前?

と思うこともできるけれど、

「それで良いのかぁ???」ともおもったりします。

期待しているんですよねぇ、Docomoには…。

でも技術先にありきって感じが強い、消費者無視?

そういうこともあったりするから……がんばれ au!!

って事でどっすか?
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-21 14:06 | ケータイ

靖国問題って……



8月15日小泉首相が靖国神社を参拝しました
そのことで、「ニュース番組」それ一色。

そろそろ落ち着いてきたかなぁ、と、いうことで。
少しその事を考えてみようかと。

内閣総理大臣が靖国神社を参拝する
その事は是か非か?

なんてことは、おいといて。
(おくんかい!)

「是か非かと議論している状態」
が、良いのではないかと思うのです。
(なんじゃそりゃ)

え~~と、
終戦記念日の意味を考えてみましょう。
「戦争がありました」
「戦争を忘れないようにしましょう」
「二度と戦争を起こさないようにしよう」

と、「思う日、考える日、願う日」

ってなもんだい。

首相が終戦記念日に参拝したことで、

「それってだめじゃん!」

って言う人が多いですねぇ。

でも、行ったことで、韓国でも中国でも
「一面記事!」になっている(らしい)

それってすごいことでないか?と思ったりする。


一人の人の行動で、
これだけ「戦争」について考えるきっかけになった
「終戦記念日」はあっただろうか?と。


例年であれば、そういう行事がありました。
で終わってしまう、「終戦記念日」

今年は「終戦記念日」をこれだけ
「実感」した年はなかったなぁ、と。

戦争を忘れてはいけない。
多くの人が「虐殺」されたし、虐殺したし。

それを繰り返してはいけない。

いかなる理由があろうとも。


「靖国神社」に参拝することは、
多くの問題があります。

でも、小泉首相の行動は
日本だけではなく韓国中国を含め
多くの人が「戦争」について考えた
その事に大きな意味を感じたのでありました。

(ってなんか子供っぽい感想文になってしまった)
→本気で書いたら、レポート10枚は堅いな(笑)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-18 11:31 | ニュース

お気に入りの一品『Uni Power Tank』

中学3年の頃から学校のノートはボールペンだった。

きっかけは数学のノート

『数学のノートに消しゴムいらず!』

との「教え」により、それが拡大して

ノートは全てボールペン

(試験の時にシャーペンと消しゴム忘れて困ったこともあるけれど♪)


大学の時は基本はMac

15年ぐらい前のMacでよくがんばったよ!自分。

でも、ノートはやっぱりボールペンだった。


慣れているボールペン

だからこそボールペンは「気持ちよく使えるのがよい」

でもなかなか「気持ちよいもの見つからず…」


高いボールペンは、割とずっしりしている。

父曰く「ボールペンの重みを使って書きなさい」

しかし、それがうまくできない自分

体重あるし

筆圧あるし

書いた裏側凸凹になるし…

どないしたもんかなぁ、と思っているとき。

『Uni Power Tank』
(スタンダード ノック式)

a0019501_14223822.jpg


Power Tankというのは

インク内を3000ヘクトパスカルにしてあるボールペン。

だから、気圧?でインクを押し出してくれている。

(通常のボールペンは重力で)
→だから、上向きに書いていると書けなくなるのだな♪



一番初めに出たときには1本1000円~

だったのですが、数年前キャップ式で200円が登場。

さらに使いやすくなって、ノック式で200円
(替え芯 100円也)


「ボールペンは書ければいいのよ♪」

という人にはお勧めしませんが(笑)


濡れた紙に書ける

上向きで(日常そんな体勢で書くことないけど)書ける

速記でもかすれない

筆圧いらずにサラサラ書ける。





家で寝る前やチョットしたときメモをとるけれど。

(メモ帳が点在している寝床周辺)

気持ちよく書ける、使い心地は最高です!

ローソンとか普通のコンビニで売っているのも◎


機会があったら試してみるとよかとですたい!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-08-10 14:23 | Tool