<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

見たいドラマ。

キムタク:「HERO」が復活-芸能:MSN毎日インタラクティブ

キムタク:「HERO」が復活
 SMAPの木村拓哉(33)主演で、01年に大ヒットしたフジテレビの連続ドラマ「HERO」の特別版が7月上旬に放送されることになった。木村演じる久利生公平検事が一夜限りで復活。耐震強度偽装事件など、社会的な大事件が相次いでいることを受け、型破りな若手検事というヒーローの再登場が決まった。

 木村主演の連ドラで、スペシャルが制作されるのは初めて。背景には、耐震強度偽装事件やライブドアグループの証券取引法違反事件など社会的に注目される事件が相次ぎ、検察の仕事がクローズアップされていることがあり、庶民のうっぷんを晴らすべく、きっちり悪を斬る久利生再登板が決定。フジテレビでは「時代がHEROを復活させた」と説明している。

 01年1月~3月に、フジの看板ドラマ枠「月9」で放送された作品。検事ながら、ジーンズにダウンパーカーといういでたちの久利生が人気となった。関東地区での平均視聴率は初回から最終回まですべて30%超え。終了から5年を経た現在も、34・3%の全話平均視聴率は同局のドラマ1位を誇っている。

 確実に視聴率をとるとされる木村の主演ドラマの中でもトップの数字。放送後、台湾や香港、韓国など、アジア各国からリメーク権を求める声が寄せられたというが、制作サイドは「久利生は木村拓哉以外考えられない」として許可してこなかった経緯がある。

 ヒロインの松たか子(28)ら連ドラのレギュラーに加え、堤真一(41)、綾瀬はるか(21)、中井貴一(44)らスペシャルならではの顔ぶれが出演することも決まった。今回、久利生は事件とは無縁ののどかな村に赴任。11年ぶりに殺人事件が起き、久利生や周辺の人々の運命がほんろうされていくという。企画担当の同局、石原隆氏は「放送決定を心からうれしく思っています。豪華な顔ぶれがそろい、興奮している」と話している。



放送当初は見ていなかったけれど、
2000年の年末?
再放送をしていたことを覚えている。

その頃、見るドラマは限られていた。

だから、録画して何度も観ていた。


木村拓哉さんや、織田裕二さんは、イメージの固定化されることを嫌ってシリーズには出演しないと言われている。

織田裕二さんは、「青島」のイメージが強いけれど、他の役も上手にこなしている。

印象的だったのは、ホワイトアウト。


あるシーンで、「青島」からの脱却をイメージさせるシーンがある。

これは、コメンタリーにも録音されているので、「公式?」




『自分を安売りしない』
それは、自分自身が決めることですが、
『ファンが望んでいること』
を、提供して欲しい、とも思う。


今回の『HERO』スペシャルが、新しい『シリーズのきっかけ』にならないかなぁ、と。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-04-28 11:45 | blog

おから らいす

(ってしりとりか?)

最近、大豆を多く摂取している(きがする)

理由は、

「50mのバタフライを泳げるようになること」

(って泳げるんですけれどね、既に)

自分の意識の中で、

「納得できるバタフライ」



「納得できないバタフライ」

が、あったりします。

いま、自分ができるようになりたいのは、

当然

「納得できるバタフライ」

………いつになる事やら、と思っていたら、

あまり日数がないらしい(笑)


納得できるバタフライを泳ぐためには

「練習」



必要ですが、食生活を見直す必要がある。

良質のタンパク質を摂取することにより…
(以下略)

そのためには、肉料理、揚げ物、炭水化物の摂取を

減らす!

必要がある。


ので、豆腐、納豆を多めに摂取することになります。


それ以外にも、牛乳、バナナは最近の必需品。

そして、あらたに、「おから」を摂取することになったのですが…


ご飯100gを食べるのは、簡単、楽勝!

おから100gって……苦しくないか?

と、はじめて気がつく。


会社からの帰り道……

商店街の中に「豆腐屋さん」

手作りのお豆腐を売っている。

ので、当然おからも「売っている」


何を閃いたか自分。

おからを購入したのであった。


以前、「豆腐」と「ささみ」で作るハンバーグが

意外においしくできたので

今度は、「おからで作ってみよう!」

そういうことになった。



豆腐を作るときの「かす」であるが、

残り物には福がある?

好きなお酒の種類「グラッパ」もしかり、


きっと使えることだろう、ということで。


ハンバーグ。

ここで、普通の挽肉を買ってしまったら意味なし!

なので、トリのささみを購入する。


これをフードプロセッサでかき混ぜれば……

できるはず!予定!、、願望!

さて、結果は!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-04-22 16:03 | Cooking

ダイエットを目的にしない。



四月。近くの江東区スポーツ会館


三ヶ月のプール改修工事が終わりました


やっほーい


プールだプールだ、泳げるぞぉ。

そう、自分は多分泳ぐことが好きなんだ


スポーツは苦手



だけれど、泳ぐことは好き


自分の中では、「水泳」はスポーツではない



変な表現だと思う。

早く泳げるようになりたいとも思わないし


長い距離を泳ぎたいとも思わない。


泳ぐことが好きなんだと思う。

以前水泳のインストラクターをしていたから

自分で練習メニューを考えることができる


フォーミングってやつだね。


自分が納得できる泳ぎをしたい

それは早く泳ぐことでもなければ
長い距離を泳ぐことでもない
納得できる泳ぎができるようになりたい

その結果として、

痩せていたら、良いなぁ、って思う。






四月になって、豆腐料理が多くなった。

豆腐に納豆、それと牛乳を一日1リットルは

飲んでいる


大学時代ご飯は1食3合


最近でも、2合は食べていた自分。


しかし、2週間。2合炊くと、2日保つようになった

あら、不思議。


そのかわり、バナナジュースを飲んだりしている。



これがおなかにたまるのよねぇ。

バナナは、本当かウソか?

泳いでいるときに足がつらないようにするため

そのおいしいバナナジュースの作り方は


別の機会に投稿するとして
(簡単なんですけれどね)


豆腐料理が増えた


納豆をよく食べる


食事の量が減った。



でも、それは、「ダイエットが目的ではない」


体重を落とすことをダイエットと言うのだけれど

それを目的にすると、きつかったり

続かなかったりする。

今の自分は、



納得できるバタフライを


50m泳げるようになりたい





そのためには、プールにも通うし

豆腐料理を食べることも苦にならない。

結果として、体重が落ちたらめっけもの。

やったね!となる。


(今までになく健康的な内容だなぁ)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-04-19 22:16 | ラクして痩せられる

ブログを続けていること。



振り返ってみると、ブログをやめようとしたことは
何度もあった。

それは、自分の中で目的を見失ったとき。

ブログを投稿するのはなぜだろう?と。

コメントがついてうれしいと思う自分もいる。

コメントがつくように記事を意識的におもしろくしようと

思ったこともある。

自分が初めてブログを書いたのは2004年の5月。

その同じ頃、ブログをはじめた人がいた。

会ったこともないし、メールのやりとりをしていたわけでもない。

でも、コメントを通じて、やりとりをしていくなかで

「お笑いの師匠」と思っていた(笑)


3月。

自分の都合で、ブログはほとんど更新しなかったし、

他のブログをみたりコメントを残すこともなかった。

そして、今日気がついた。

また、一つブログ終了のお知らせ。

それは、自分にとってとても落ち込むことだった。

けれど、それぞれ自分の都合があるのだから、

仕方のないことなんだよね。



「終わらせる」

と一言書くことがとても勇気のいることだと思う。

だって、「投稿」しなくて

自然消滅させることだってできるのだから。


何人もブログを終わらせる人がいて、

自分はまだ、続けている。

なぜだろう。


今の自分だったら、

たとえ誰も読んでくれなくて、コメントもつかなくても

続けていくだろうな、と思う。


投稿する事ができなかったとき、

自分の中で何を書いたらいいかわからなくなった。

何を誰に書く?

誰かに何かを伝えようとすれば、

その誰かがみえなければ、

のれんに腕押し?

水を切るようなもの……

手応えが伝わってこないんだな。

その手応えの一つがコメントだったりするのだけれど、

コメントを期待して、記事を投稿すれば、

どこか自分らしさを見失った文章にあっていたりする。


はじめた当初の記事を読み返してみると、

勢いがあったなぁ、自分。

よく、あれだけの内容をまとめることができたものだ。

と、自己満足。


実際におもしろかったから♪

でも、ああした文章を書くことができなくなっている。

それは、自分の中で

「傷つきたくない」とか、「この話はできない」と

どこか、無意識にセーブしてしまっているのかもしれない。


でもね、2年分の記事を読み返したとき

いろいろなことを思い出した。

それは、自分にとって足跡になっているし、

そのことを大切だな、って思えた。


自分は、タイトルを付けるとき、

「AB型」だから、2重人格。

だから、ジキルとハイドを文字って

自斬ると灰土 とタイトルを付けた。

自分をさらけ出していこう、と。
そんでもって、灰になり、土になろうと、と

その時も、今も自殺願望はないけれど、

(過去にはあったけれど)


飾らない自分を残しておこうと思った。

いつか付き合う人が読んで……ってマジ?

幸いなことに?パソコンで読むことができない人だった(笑)

やっほぉ~~い!!


ブログをはじめたきっかけは、付き合った人が読んで

それでも、「好き」と言ってくれる人
(そんな人、いないって思っていたのだけれど)



でも、どこか自分自身をさらけ出していないと思っていた。

昨日、ある人に書いたメールを投稿した。

自分自身の隠している部分を相手にさらけ出した内容だった。

久しぶりに、「自分らしさ」を感じられた。


デジタルカメラではないけれど、

100枚撮って、1枚自分が納得できる記事があったら

きっと自分の中で納得できると思う。

99が不必要かというとそうではなくて、

自分が納得できる1つの記事を書くためには、

99の記事が必要なんだと思う。


だから、自分はブログをきっと続ける。

少なくても5年は!

あの人が帰ってきたときにどうなっているか!

それは、やっぱり、「記事」にしたいなぁ(笑)


その時に、自分は

寂しさに耐えかねて、他の人と結婚!!

結婚までいくのか?いけるのか?

その自信はどこから来る?



なんて事になっているかもしれないし。

それは、それで人生波瀾万丈、

自分らしいとも思う。


自分が感じたこと、思ったこと、考えたこと。

見た景色。作った料理。

楽しかったこと、悔しかったことを、残すようにしよう。

そうすれば、きっと帰ってきたとき、

二人の時間を埋めることができるから♪


なんか、振り出しに戻った感じだなぁ(笑)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-04-19 00:41 | blog

続き(なんの?)

~ある人に送ったメール~
→携帯の、しかもmova系にこれだけのメールを送りつけたら、普通、嫌われるな(笑)



 今日は3月21日。11年前、親父を亡くした。夜の7時過ぎ。見舞いに行って帰ろうとしたとき、母さんが、弁当食べていきなさいと、ベットの脇でコンビニの焼き肉弁当を食っていた。
ふと気がつくと、親父が呼吸していなかった。何日も前から意識は亡かったのだけれど、人の死というものは突然訪れる、そう感じた。
 それまで、人との別れに悲しみを感じたことのない人間だった。兄弟には、「感情がない」と言われ、「母親は無口」だと言っていた。自分の言いたいことをはっきり言えない子供……24歳だった。
 母親を30歳で亡くし、兄弟は結婚した。母親が亡くなる2週間前。兄弟と、兄嫁、弟嫁。みんなが揃っていたとき、「じゃ、俺たち帰るね」「何食べていこうか?」と楽しそうに皆出て行き、意識のない母親と二人病室に残されたとき、「自分は一人なのだと思った」
 兄や弟には、嫁側の両親がいる。しかし、自分には、もう親がいない。兄や弟は別の家庭を持っている。財産のことでも揉めたし(笑)あまり今は音信不通になっている。
 自分は生きていてもいいのか?孤独感を忘れるために、寝食を忘れ、仕事に遊びに興じた。人のぬくもりを求めて風俗にも行った。金で割り切る事。それがラクだった。
 仕事に失敗し、金を使い切り、「もういいや」と思った。悲しむ人間なんていないだろう、と。首を吊る事も電車に飛び込むこともできなかったから、部屋を締めきりにして、豆炭を燃やした。一酸化炭素中毒で、寝ながら死ねたらなぁ、と。その時住んでいた部屋が14畳……広すぎた。結果、一酸化炭素中毒の軽い症状?で生き残ってしまった。おもしろかったのは、体中の古傷が浮かび上がり、場所によっては化膿していた。大学時代、水泳のインストラクターをしているとき、飛び込みの練習で頭を9針縫ったことがある。そこも化膿して、髪の毛が抜けて、500円玉ぐらいのはげができたなぁ。
 それも生きていると実感できた事。3日ぐらい、後遺症で?食事も取ることができず、外に出ることができなかった。体調が良くなり、表に出たとき、いつも見ていた景色が違ったものの用に感じた。

 自分は生きていると。だったら、これからは、「息している」ではなく「生きている」をどこか求めるようになったのだと思う。「誰かが自分を必要としてくれるのであれば…」と。

 ふとしたきっかけで、銀座の会社に勤めることになった。どういう訳か、面接に言ったら「受かっていた」まぁ、鬼のような会社で結果、2年半勤めて辞めることになるのだが、入って1週間、1ヶ月で辞める人間が当たり前。自分が入社したときに、30人ぐらいいたのが、辞めるときには数人になっていた(笑)まだ続いているというのが驚きであるが。
 その頃、春日部に住んでいて、仁美さんと言う人とであった。君と同じようにお店に勤めていた女性で、子供が二人いて、旦那さんとは死に別れていた。初めてあったときには、腕の入れ墨。茶髪に「嫌い」だったのだが、どこか落ち着く雰囲気があった。一緒にいたいと思った。自分が酔いつぶれたとき帰り道見かけて、起こしてくれて、家まで送ってくれた。吐いた口で、初めてのキス。普通嫌われるよなぁ。それでも、翌日、「うれしかった」と言ってくれた。
 今の会社に勤めるようになり、錦糸町に引っ越しをすることになった。「春日部」に戻ること、行くことはなくなった。ある時、自分は一通のメールを送った。「誰のためにこんなに頑張っているのだろう」とそれが逆鱗に触れて、関係は終わった。それ以後全くあっていない。そう、自分は、自分を必要としてくれる誰かを見つけたいと思っている。
 自分のために何かを頑張る事は無理がある。多分、できない。お金のため?一生分の遊びは多分したな(笑)高級ホテルに泊まること。あらゆる風俗に行くこと。(SM系除く)国内旅行も散々行ったし。
 今の自分は「寝て半畳座って一畳。米は一日3合あればそれでよい」って、マンガの台詞にあった。そんな感じ。好きな女性のために、その人にとって自分が必要な存在でいたい。そして、その事を実感していると言うことが、自分の中で生きている意味になる。自分は、そう思っている。
 君から連絡が来なくなって、2週間以上、自分は自分自身を見失った時期がある。なにもする気は起きなくて、無気力になった。でも、気持ちが立ち直ったとき、ようやく別れのメールがきた

 自分の中で不思議と、落ち込むことはなかった。当然の結果として受け入れることができた。自分の行動を振り返ってみたとき、君にとって自分は必要な人間ではないから。今まで付き合っていた中で、必要とされている実感がなんて薄かったんだって。思うようになっていたから。

君が忙しいこと、その事はわかっている。理解しているつもり。
誤解することもあるけれど、行動と言動が一致しないことは多々あったけれど、自分は信じるようにしていたつもり。疑えばきりがない。だから、信じようと思った。
 そして、自分は落ち込んだ。君にしてあげられる事は、お店に行くことだけ。それにはお金がかかる。以前の自分だったらと何度思ったことか…。そう思うたびに自分は惨めになる。お金がないこと。お金がなければあうこともできない。自分の甲斐性のなさに、情けない気持ちになった。
 ある時、君は言った。「お客さんを好きになる」と。どこかいいところを見つけてそのお客さんのことを好きになる。それで指名を増やしていると。
 そのお客さんと、自分とどこが違う?同系列でしかないだろう?他に好きな人がたくさんいるなら、その人達の誰かとつきあえばいい。自分がいなくなっても、誰かに気持ち支えてもらうことができるだろう?忙しいことを理解してくれて、仕事のために他に好きな人がたくさんいると言われ、プライベートで逢えなくて、キスもしないで、抱くこともできない。その状況に、納得してくれるような人を見つければいい。
 連絡が来なくなって、2週間以上、自分はそう思うようになっていった。そして、自分を必要としてくれる人を新しく見つけようと思った。自分が一生をかけて支えたいと思える、そして必要としていることを実感できる、そういう相手をきっと見つけようと。これから先の人生。無駄にしないためには、そう思える人が自分には必要だとわかった。
 店で喧嘩したこと、2週間以上連絡をよこさなかった事。そして、別れのメール。考えるきっかけ、期間、決断をすることができたから、その意味で、感謝しています。

 自分が求めていた人は、「自分を必要としてくれて、必要にされていることが実感できる人」そう思える人と百年先も一緒に時間を過ごしたい。それは、自分にとって我が儘なことなのだろうか?必要とされていることを実感することで自分の存在意義を認識しようとすることは、弱すぎるといいますか?
 もし、そういわれるのであれば、あなたと付き合う資格は僕にはありません。そう思うことでしか自分は生きていると実感できない人間です。
 君は、仕事を優先し、家族に会うことを優先し、犬の世話を優先しています。どれだけ長く付き合っても、自分のために割いた時間がどれだけあった?どれだけの連絡をしたというの?
「忙しいから、無理」
 確かに、そうでしょうね。忙しいから、ほっておいてもいい存在。都合の良い時に店に呼んで逢えればすむ、その程度の存在でしかないのだと。それが、今までの君の行動のほとんど。

 自分がいなくても、2週間以上、大丈夫だったのだし、彼氏としては別に必要ではないでしょう?それに君が思う「付き合う」こと、彼女でいることの意味がわからない。
 自分にとって、彼女とは、「自分がその人を支えたいと思い、自分を必要としてくれて、必要にされていることが実感できる人」だから。

(と、ここまでが前フリ…長かったなぁ。そろそろ気持ちも沈み込んできたかな?)

「彼女でいたい」の答え、「いいよ♪」
多少条件はあるけれど(笑)。自分にとって、彼女とは「自分がその人を支えたいと思い、自分を必要としてくれて、必要にされていることが実感できる人」だから、2つめまでは、問題ないのだよ。問題は、3番目。「必要にされていることが実感できる人」
きみは、男性恐怖症で、強がりで、甘えることが下手?(勘違いした甘え方しているとも言う)で、好きだと言うことを言葉にできない、不器用な所も、知っているのだけれど。
……「それだけわかっていたらいいじゃん」って、きっと言うだろうな。


 僕は誰かのために生きたいと思っている。君のために生きると決めた。君が僕を必要としなくなるまで、それは続くのだから。僕のこと、僕の幸せのため、そんなくだらないこと気にして「別れる」と二度というな。君の笑顔のためにできること、ちゃんと伝えて下さい。「店に会いに来て」以外だったら、努力するから。
(貧乏人には辛いのよ、「店に会いに来て」は!自分が惨めになるから。極力さけてね(笑))
それだったら、いらない?

それじゃ、客と変わらないじゃん!

逢えなくても、気持ちはそばにいるから。
これからも二人の笑顔たくさん重ねていきましょう。
気持ちがぶつかること、喧嘩することもあると思う。
でもお互いの気持ちちゃんと伝えあえるようにしましょう。

それと浮気は、「キス、もしくはそれに類する肉体的接触から」に変更希望です!
(却下!だろうなぁ、多分)


後日談?
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-04-18 00:07 | ~手紙~