<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

「あの感触は好きになれないな」

小さい頃に見たから、よく覚えていないけれど。

そういえば、「日本沈没」がリメイクされるって。。。

やばくないかぁ、この時期に。


映画版「日本沈没」では、仮面ライダーの藤岡弘さんが主演されていたような。


そう、子供頃見たモノだから、

そのドラマの裏部分まで読み取ることができない、

当たり前のことです。


去年だったか、あるきっかけで、555を見たことがあった。


その時知り合いだった(好きだった)女の子の子供が、男の子で、

仮面ライダー555が好きだったから。


子供は、怪物をヒーローが倒すことがかっこいい!

ってね。

でも、難しかったな、555は。


仮面ライダークウガは、故石ノ森正太郎さんのオマージュとして作られた?

そういうイミでは、仮面ライダー、なんですけれど。


「本郷猛は改造人間である」

そのころ、放映されたキカイダーも、同じように、悪の組織に捉えられて、

その組織を倒すためがんばるヒーローが描かれていて、

ヒトと違うっていう「悲壮感」と「使命感」があったんですね。


クウガの五代雄介は、悲壮感がないのか?


やさしいんですね。

やさしいと言うことは、「つよい」って言うことなんですね。


変身した直後の2話や、42話で、「あの感触は好きになれない」って。

何かを殴ると言うこと、決して気分のよいモノではないって。


さりげないメッセージです。


究極は、最終回、主人公の妹さん。
(これまた、可愛くて、保母さんなんですけれど)

「先生は、思うの。4号(世間ではクウガのことを未確認生命体4号と呼ばれていた
りして)なんていない世界がいいんだって」


重いですね、この台詞。

主人公、否定です。


が、強い力がなければ、世界を救うことができなかった。

でも、そんな強い力なんてない方がいい。

そして、強い力を持つモノは、「優しい心」を持っていなければならない。

単純で、きれい事。

もし、強い力をもったならば、自己顕示欲が働いたり、

その力を利用することを考える。


作品中で、「戦うだけの生物兵器になってしまうかもしれない!」。

その不安をみせずに、周りに「大丈夫!」って。

自分が怪我して、苦しくて、

「でも、大丈夫!」って。


疲れるし、辛いし、なんでこんなことしているんだろう?って思うこともある、自
分。


そんなとき、親指立てて、「大丈夫!」って言える自分でいたいな。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2005-08-17 02:50 | blog

笑顔のために

心に余裕がなければ、笑顔になれない。

何かに追われていたり、苦しかったりしたり

悲しかったりしたら、笑顔になれないから。

NTTのコールセンターには、「鏡」が置いてあります。

声だけのサービスですが、鏡に向かって笑顔をつくる

そうすることで、サービスの向上をすることができたそうです。


笑顔でいること。

単純だけれど、とても難しいことです。


クウガ。

子供向け、しかも仮面ライダーです。

単純かもしれないけれど、

感動は、今自分にかけていると思える部分に共感できること。

そう、共感することが、感動につながる、ってね。


「夢を追う男」

って、名刺に書くかぁ?

2000の技を持つ男。


どんな技だろう??


お父さんが、戦争写真家で、「いつかみんなが笑顔でいられる世界になるように」

と。


そうなったら、いいよね。


「そんなのきれい事だよ」


きれい事でいいじゃない。

そうなった方がいいんだもん。


いろいろな感情があるのだし、イヤなこともたくさんあるし。


きれい事だってあきらめてしまうより、


みんなの笑顔……は、むずかしいな。


だったら、一緒にいる人、思い人が、一緒にいる人が落ち着けて、

笑顔でいられるような存在でいられたらな。


「そんなのきれい事だよ」


きれい事でいいじゃない。

だって、そうすることの方が素敵なんだもん。


これから、自分はどれだけの人のためにがんばることができるかな。


誰かのために!っておもったら、無理している!ってくじけてしまいそうだけれど


自分のためにだったら、がんばれる。

誰かの笑顔が見たいって、思える自分を忘れないでいたいなぁ。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2005-08-17 01:30 | blog

空我

新撰組、斉藤一役で、「渋い」演技が魅力的だった
オダギリジョーさん。

はじめて見たのは、「BSフジ」の情報番組。

ちょっと天然チックで、優しそうな感じが印象的でした。

今年は映画数本に出演されているようです。

とくに、「Shinobi」は期待していたりします。


恒例のYahoo!動画

では、ShowTimeで提供されている、東映アーカイブですが

Yahoo!でも提供がはじまり

銀河鉄道999やスラムダンク。
ちゅうかなぱいぱい等が提供はじまりました。


まぁ、いつものごとく「餌」があるわけで、

「銀河鉄道999」と「仮面ライダークウガ」

第一話、無料視聴です。


これが、餌だと言うことを十二分に知っている自分。


えぇ!まんまと餌に食らいつきました。


お盆休みと言うこともあり?

仮面ライダークウガ

一気に行きました!


もし、見る機会があるならば、

お正月特別編で総集編3本。

と47話から49話までで。


が、いいですよ、クウガ。

思わず、感動です。


なぜ、感動できるか?


主人公が、素直なんですね。

ひねくれていないというか。

五代雄介名ゼリフ

「みてて下さい、オレの変身」

「だって、おれクウガだもん」

パトカーで思わず
「変わるときに、『超変身』なんてどうですかね?」
「いいんじゃないか」
(一条さん、キャラ変更?)
思わず、雄介君 「大都会」熱唱


文京区にある、主人公の住んでいる
カレー屋さんで電話にでるとき。
「オリエンタルな味と香りのポレポレ」

………素朴な疑問。

なんで、雄介君、「携帯」もってないんですか!!



「金のゴーラム合体ビートチェイサーボディアタック」
「長すぎないか、それ?」


笑いあり、涙あり、感動あり。
そして、アクションに

……お色気は……微妙だな。


きれい系の女優さんが怪人役にいらっしゃるんですけれど、、

ある種、お色気かと(笑)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2005-08-16 22:07 | blog

メディア

8月15日、報道ステーションにて。
戦後60年として、民放ラジオのはじまりについて特集されておりました。
メディア

ラジオはマスメディアとして位置づけられたいるのは当然ですが、

初代アナウンサーの方は、
国営放送、「NHK」と差別化をはかるために

「あなたのための」ラジオを心がけたと。


メディアとして、「誰かのため」と意識したときに、

対象が明確化されないことで、

どう伝えたらいいか?わからなくなってしまう。


視聴率を上げることが、テレビには求められているのだけれど、

高視聴率=よい番組?


CMのためのCMがはじまりました。

あややと、みのもんたさんです。


いままで、そんなCMはありませんでした。

さて、なぜ、そんなCMがはじまったのでしょうか?

やっぱり、あれだな、少なからず影響しているんだろうなぁ。


根本的な、打開にはならないだろうな。


情報伝達、メディアの構造改革ははじまっているのだから。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2005-08-16 22:06 | blog