<   2004年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ディズニーランド~「7つの法則」より


ディズニーランド(今は、ディズニーリゾートか)は、『普通に』楽しめるのですが、

そこは、それ、別の楽しみ方があるというモノです。

普通だったら、アトラクションを楽しむのですが、

別の楽しみ方もあると言うことで。


好きなアトラクションは?

『ミート・ザ・ワールド』!!(きっぱり、断言)

ディズニーではないのですけれどね、

めちゃめちゃお金がかかっている。

見応えがあってね。(嘘)

最大待っても5分。

一度座れば20分間、ゆっくりできる。

疲れているときに、「一眠り」するのに良い。

(もちろん内容もしっかりしているんですけれどね)


ディズニーランドのアトラクション全てにはスポンサーが付いています。

今では、ミート・ザ・ワールドの出口にはなくなってしまいましたが、

オープン当初には、『Panasonic』の商品が陳列されておりました。

一つの企業が、アトラクション内に、その会社の商品を陳列しているのは、

後もう一つだけ。

スペースマウンテン=コカコーラ。

入り口のところで、ディズニーのキャラクターがコーラを手に持っている。

どうしてかというと、「高いから」

確か、30億円だったような。

なので、コカコーラの商品PRができるわけです。


ミート・ザ・ワールドも、独自の技術が使われていますし、

日本が世界とどうやって「出会ってきたか」20分間で復習可能!!

(すばらしぃ)

まぁ、ディズニーランドに行ってまで、「歴史の勉強」をしたくないっていうのはありますけれど(笑)


(長い前フリだなぁ)
ディズニーランドに行ったのは、一度や二度ではありません。
当然「女性」と行く機会もあったのですが。

その中で、印象的な出来事を。


その女の子は、「買い物」がしたいとのご希望。

(まぁ、まぁ、よくある話)

ですが、ご所望が、


「印鑑ケース??」

ベットで、ディズニーに包まれたいから

「ベットシーツがほしい??」

「布団カバーに、タオルケット??」

はぁ~~~?

そんなモノがあるとは、聞いたこと、みたことがないぞぉ。

う~~ん、困った。

ここで、一つ食事でもすることにして、

一路、「ブルーバイユーレストラン」
(カリブの海賊に隣接している、小田原提灯がぶら下がっている所)

そこで、注文をするとともに、

悩み事を相談。「印鑑ケースに、………は、どこで売っていますか?」

こうしておけば、食事が終わったときには、調べてもらえるというわけ。

これは、「ディズニーランド7つの法則」や、「ディズニーリゾートの経済学」に書かれている内容です。

一人のゲストの要求に、しっかりと応えるという姿勢。

それを、実際に試してみたところ……。

「バッチリ」

まぁ、結果として、自分もシーツなどが珍しいので、一緒に買うことになったのですが。


ほしいモノを探す楽しみもありますが、

社会人として、多くの人がリピータとなっているディズニーランド。

その中に「なぜ?」をみつけると、別の楽しみ方もできるのでは?


中学の社会科見学で、TDLだったときその目的が、
『アメリカ文化を肌で感じる』
う~ん、20年近く経っても覚えているこのフレーズ。
先生も必死だったのね、(合掌)

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-30 20:46 | 自己紹介

4つの自分

社会心理学で、個人には4つの側面があると言います。

自分が知っていて、他人も知っている自分

自分が知らなくて、他人だけが知っている自分

自分だけが知っている自分

誰も知らない自分。



人は、自分と他を比較して、初めて個としての自分を理解します。

この世の中に、自分という個以外、存在しなければ、

その自分という存在自体認識することができません。


また、光あふれる世界においては、

影が存在せず、

自分もまた、見つけることができません。





AB型という血液のせいにするには、

あまりにも、その時々によって、感じ方、反応、態度が異なり、

自分自身でも戸惑うことがしばしばありました。



外面の良い自分。

内面に引きこもっている自分。

そして、それらを冷静に観察している自分。




ある時、気づきました……。

全部、まとめて自分なのだと。

自分自身が、一つではなく、いろいろな要素の集まりであると。

そう考えると、今まで欠点だと思っていたことが、

「一つのことを、いろいろな面で観られる」

結構、良いかも!!と思えるようになって。


人に恋すると、すべてを知りたいと思う

そして、すべて知ってほしいと思う。

でも、そこには、限界があることを知る。

その事に、苦しむよりも、

「そうだよね」

って思えることから、余裕ができる

だから、すべてを知ってもらうことはできないけれど、

素直でいたいと思う。

その人の前では、笑顔でいたいと思う。

時には、怒ることも、苦しいことも、悲しいこともある

そうした表情を見せることもあるだろう。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-30 20:45 | 自己紹介

カオス理論との出会い

学生の頃、感じていたこと。この世には、絶対的な答えがあると。それは、教科書に書かれていて、試験に出て、答えがあって、それには正解があるという。
一つの問題に対して一つの答え。曖昧なものなどないという、思いこみ。
だから、一人の個人として、いろいろなことを感じるのは、おかしな事だし、どこかで、平均に観られようとしてしまう。


個人の中で、一つのモノをいろいろに観てしまう。それは、自分の中で、自己矛盾をかかえこむことになってしまう。それは、自分自身が、他人とは異なっているのではないかという不安をいだかせ、それを冷静に観察している自分は、分裂症じゃないかと疑い始める。自分自身と他人の感じている自分に等価式を求めてしまう。


それは、教科書的な考え方、決定論的世界観。
唯一無二の真理がどこかにある。そして、その答えに疑問を持つことを許されない。
そんな思いで自分自身を苦しめていた。

古典物理学に基づき、一つの方程式が、未来を予測することができる。
だから、未来もまた既知の事実であり、今こうして、自分が生きているのも、既に決められて事を過ごしているに過ぎない。

それは、人生という名の本が既に書かれていて、そのページをめくる。
そんな作業に過ぎないのではないか、自分自身が生きていると言うことは。
だから、自分自身を追い込んで、本を読むことを辞めようとしたこともあった。

古典物理学を知り、教科書文化(問題には、答えが既にある)に影響され、決定論的世界観を感じ、そして、苦しんだ。なんて、つまらないんだろうと。

これは、唯物論的モノの考え方だ。
大脳生理学において、「感情とは電気化学的信号の集まりである」と。
感動することも
人に好意を持つこと
そのどれもが、電気化学的信号であり、取るに足りないつまらないこと。

数学という切れ味の良いナイフで、自然界を切り裂き、隠れた規則性を発見した人類。
そして、それを利用することで文明生活を享受している。
だから、正しいと。

機械仕掛けの自分。既に自分というロボットがプログラムされている。
そのプログラムを黙々とこなしていく毎日。感動している事自体、プログラムされている。
だから、自分は、人の死に対しても、どこか冷たく接することができた。
電池の切れた、機械のようだと。


ホーキングの「宇宙論」も読んだ
カールセーガンの「コスモス」もすきだ。
ファラウェイの「ローソクの科学」、
量子力学の本、相対性理論の本も読んだ。

それは、自分自身が、どこから来たのかを見つけたいと思ったから。
科学の客観性に惹かれていたから。
そして、その客観性が、唯物論に辿り着き、自分自身を苦しめた。




そんなとき、一冊の科学の本に出会った。
『相対性理論』『量子力学』に続く、20世紀最大の発見と言われる考え方
『カオス理論』

「カオス」~新しい科学をつくる~(新潮文庫)
「この地球は、そこに美しいモノ、驚くべきモノ、心を引きつけるモノがあるという、すばらしい約束をしてくれている。僕らは、職業柄、どうしてもそのすばらしいモノを理解したいんだよ」
(ミッチェル・ファイゲンバウム)

『カオス理論』の考え方を知り、どこか救われた気がした。
読んだときに、身体が震えた。
それは、「自分が感動しても良いのだと」苦しめられていたモノが一気に解き放たれる感じに似ている。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-30 20:45 | 自己紹介

おいしいビールの注ぎ方~3

おいしい注ぎ方


きれいなコップを用意しよう!

ビールの泡は、味の確保に役立っています。

汚れや油分は大敵。

油類がついていると、表面張力を失い、泡を保つ力が弱まってしまうのです。

洗剤で洗ったコップを流水でよくすすぎ、ほこりがかからないように自然乾燥させましょう。



泡をつくろう!


はじめはゆるやかに注ぎ、

コップの3/1ぐらいからあふれそうになるまで勢いよく注ぎます。

そして、ここが大事。


泡が少し沈んできたら、

今度はゆっくりとコップのふちが盛り上がるように注ぎます。

この2回の注ぎ方が、よりクリーミーで、きめ細かい泡を造り出します。

そしてタブーをひとつ。

ビールは飲み干してから、注ぎましょう。

よく、飲み干さないうちに

『まぁ、まぁ、もう一杯!』

と注ぎ足している光景は見ますが、これはよくありません。

注ぎ足しはせっかくの泡のフタが壊れ、ビールの味を落としてしまいます。

基本は飲み干してから!





と、あるのですが、多分オーソドックスですね。

アサヒ、キリン、サントリーでそれぞれ入れ方がありますし。

ただ、それなりに入れれば、それなりに飲める!!



自分の部分で、こだわりの部分があって、

その部分だけは譲れない。

逆に、それ以外のことは、『余裕』があって、かまわない。

気持ちよく、飲みたいからといって、

形式にとらわれてしまうのは良くないと思うのです。


ひとが、10人いたら、10人異なる。

どこかで、型にはめようとしてしまう。

たとえ、同じ相手であっても、その時の状況、気持ちの問題……

異なりますから。

相手とどこまで、一体になれるのか。

相手の気持ちよさに共鳴できたら……。

(あれ、中途半端なオチになっている)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-29 22:07 | Ich Drinken

おいしいビールの注ぎ方~2

銀座にあるショットバーで、生ビールが500円のお店があります。

他に注文がなくても、生ビールが出るまでに、2分の時間を必要とします。

なぜならば、美味しいビールの注ぎ方をすれば、

その時間は、必要な時間だから!!


ちゃんと、ビールを入れられるお店ということで、ある時、

同じビール、同じグラスで、「1000円Verで」とお願いしました。

マスターは、快く、「分かりました」

と言って、用意してくれました。

ココで、同じビール、出てきたときに同じ量。

でも、値段は倍。

僕もマスターもお互いに知っている。

それは、「妥当」だと。

本気で、美味しいビールを提供するのであれば、

2倍の量が必要だと言うこと。

それほど、ビールはグラス、入れ方でおいしさが変わるんですね。



別のショットバーで、「ギネス」を頼みました。

缶のギネスをグラスに入れて出すのだけれど、

超音波を利用して、クリーミーな泡を作れる装置!!

おぃおぃそれは、違うだろう!!

思いっきり、心の中でつぶやきました。


結果として美味しく見えるのではなくて、

美味しいビールだから、できる泡があるんだろう!!


と。


しかし、たかがビールのことであるが、

日常生活でも得てして、このようなことが

しばしば存在する。


人と接するとき、同じような事をしていないだろうか?

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-29 20:13 | Ich Drinken

おいしいビールの注ぎ方~1

おいしいビールの注ぎ方。

お酒は、多くの人の情熱と、時間の結晶である。

飲み手は、その結晶に対し、敬意を表するモノである

しかしながら、ビールというモノは、

その味の割に、軽視されやすいモノである。



なぜならば、とりビーだから



まぁ、それだけ汎用性が高いと言うことなんですけれど。


以前、美味しいビールの飲み方ということで、

中山美穂さんや、役所広司さんがでていたCMで

飲み終わった後、

鼻の下のあたりに、ビールの泡がついていました。

ビールの泡は、

「飾りじゃないのよ ハッハ~」(by中森明菜さん)



まぁ、ふたの役割をするわけです。

「ちゃんと入れたビールの泡は、



楊枝をさしても沈まない。」



それだけ、きめの細かい、クリーミーなアワになるわけです。



人は、美味しいビールのアワの感じを知っています。

しかも、最高裁の判例により、「7:3」は、合法!!と、されていますので。

居酒屋さんで、「アワが多すぎるじゃないかぁ」と、文句を言う前に、比率を確認しましょう(笑)。





ここで、問題になるのは、

美味しそうに見える、ビールが美味しいのではなく


美味しいビールの結果としての泡は違うと言うこと。




つまり、おいしいビールに見える条件を満たしていたとしても、

結果として、美味しくないと言うことはしばしばあります。



どうやったら、きれいに見えるかではなく、


おいしさ、内面の充実が、結果としてきれいに見える



その事が大事です。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-29 19:53 | Ich Drinken

易者さん


先日、銀座に遊びに行ったとき、「つれ」(彼女でないのが痛い)が、

占いをしたことがないと。。。

話のネタになるかと、では、みてもらいましょうと、

大枚、3000円(大体相場ですけれどね)を支払い、みてもらうことに。


易者さん>「付き合っているんですか?」

二人口を揃えて>「付き合っていません!!」

別に相性とかをみてもらいたいわけではなかったので……。

しかしながら、プライバシーに関する部分。

付き合っているわけでもないので、少し離れていました。

(ネタにならん)

まぁ、易者さんもお仕事ですから、では、「男性の方も」


みてもらいましたよ。


結果???


驚いたことに、今までとほとんど変わらず。

マニュアルでも、あるのかというくらい。

観る人、観る人、金太郎飴のように同じ事を言う。。。


まぁ、当たっているかどうかは別にして。。。


仕事運>よし

金運>よし

何ですけれど、

結婚運>悪い!!

出会いはあるけれど、「結婚」しようとすると、「邪魔」が入る

スムーズに結婚できないという事ね(苦笑)

いわれるのにはなれている。

原因も知っている。ミナまで言わずともよい、易者さん。



「ご先祖に女遊びが過ぎた人がいた!!」




あぁ、なるほど。妙に納得。

姓名判断を極める


天格 : 11
大吉:温和で強い意志を持ち、人望厚く順調な発展、成功を納められる大吉数。


地格 : 13
大吉:知能明達・学術技芸の才能があり、財運、家庭にも恵まれた大吉数。
[幼年期・青年期の運勢]
幼い頃から意志が強く、確実に理想を現実かしていく力を持つ運勢です。
[内面的な性格]
穏やかさと志の強さの同居している人です。人に好かれる明るさもあります。
[健康運]
健康運は良好です。体を動かす事も好きなら、尚、良いでしょう。
[家庭運]
愛情豊かな性質で、自分から動く事をいとわないので、家庭は円満です。恵まれています。
[恋愛運]
男女共に、相手を自然にコントロールしてしまう魅力があります。モテるので、三角関係などのトラブルは注意。
[セックス運]
女性は幾分男性的、男性は逆で女性的な態度をとりがちですが、恵まれているでしょう。


人格 : 11
大吉:温和で強い意志を持ち、人望厚く順調な発展、成功を納められる大吉数。
[青年・壮年期の運勢]
周囲に常に人が絶えない運です。望みを手にするに、十分な実力を養う能力もあるでしょう。
[外面的な性格]
明るく調和的な性格で裏表もない人です。面倒見よく親分肌で頼れる存在でしょう。
[金運]
意外な形での収入方が多く、プレゼント運があります。ただし、貯蓄となると苦手なほうかも。
[成功運]
人がくれるチャンスに幸運が。常に周囲に対して意志表示を。
[仕事運]
コミニュケーションが取れる仕事に吉。どちらかといえばリーダーシップのとれる様なポジションを目指して。
[結婚運]
恵まれていますが、釣った魚に餌をやるのを忘れてしまいがち。気付いた時には手遅れ、なんて事のない様に。


外格 : 13
大吉:知能明達・学術技芸の才能があり、財運、家庭にも恵まれた大吉数。
[対人関係・社交性]
話術が巧みで人を引き付けます。思いやりもあり、常に自分のポジションを確立した上で人と付き合う人です。
[社会運]
上司、部下、同僚などわけへだたりなく付き合う能力があります。認めてくれる人に出会えば伸びます。
[環境運]
常に頭脳戦といった環境を好みますが、ゆったりとした時間も必要。明るく広い場所でリラックスして。


総格 : 24
最大吉:才能、行動力、人徳があり、地位、名誉、愛情、家庭にも恵まれる最大吉数。
[一生の全体運]
とても強運の持ち主で、切望せずとも手に入るといった次第です。ただ、手にした物をもてあます所があるのが難かも。手にしたあとどうしたいのか、そこがポイントとなりそうです。
[晩年の運勢]
晩年はとてもいいバランスの生活が楽しめます。仕事や趣味、遊びなどを上手にこなすでしょう。ただ、楽隠居は世間が許しません。いくつになっても社会参加を求められるでしょう。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-29 11:52 | すすきのの占い師

あなたは神を信じますか?


先日、“久しぶり”に、女の子のいるお店(銀座)に飲みに行ったときのこと
(だから、更新されていなかったというのは秘密ですが)

→えぇ~、そうですとも。女の子の腕触りまくってきました!!



「cozyさんは、宗教ってどう思いますか?」

おっ、新手の勧誘か??かわいいから、許す!!

し・か・し、簡単には論破されないよ……と思っていたのですが

そうではなくて、



実家の家族が、宗教がらみで、生活が変わってきてしまったとのこと。

そこで、「宗教ってどう思いますか?」

と、聞かれたわけです。

『結構切実な悩み』



ヒトそれぞれ、宗教や神を信じているでしょうし、

映画『コンタクト』(原作 カールセーガン)のワンシーンにもあるように、

世界中で、宗教を信じていない方が少ない!!
(結構、驚きの事実)


でも、結局湾岸戦争とか、イラク戦争でも経済的側面はあるけれども

宗教的側面もかなり色濃く出ている。

イスラム教対キリスト教 

アッラーVSジーザス・クライスト・スーパースター



まぁ、信じたい人は信じていればいいのですが。

日本では、宗教多国籍軍。都合のいいとこ取り。

神社に お寺、教会に、怪しいマンションの一室に、上一色村……。

人の心は弱いから、そういった救いを求めるのは自然なんだろうけれども。





10年ぐらいまえ、NHK特集で「アインシュタインロマン」というシリーズがありました。

お正月の連続再放送だったのですが…(DVD発売されないかなぁ)

その番組を観る前に、小学生の頃から「相対性理論」とか「量子力学」に興味があって、

ブルーバックス新書のそっち系を読みあさっていたことが幸いし、なんとか、

その番組の内容を理解することができました。

(って、かなりわかりやすい内容なんですけれどね。)

その番組で、アインシュタインが、宗教や神に対しての意見があったのですが。




「自然は神によって作られている、しかし

私は、意識ある人格としての神を信じない」




これは、17世紀の哲学者、スピノザが唱えた「汎神論」に共鳴していたといわれています。




自然に対する畏敬の念。



生命に力を与える太陽



生命の生まれた場所 海



生命を育みための大地




そうしたモノに対して、感謝の気持ちを持っていたいと思います。


(「ただ、人は、お祈りするときに、「大地よありがとう!!」といっても意識が分散しちゃうから、
大地に対して、感謝の気持ちを持ちやすいように「お地蔵さん」ってつくられたそうな。」
って、お坊さんが言っていた)




「幸福」になりたいって思う。

でも、「幸福」が分からない。

幸福を探求しているモノ 


「宗教」


「科学」


「哲学」




できるだけ、多くの人が「ハッピー」って思えるなら、どれを信じてもかまわないと思う。

でもね、それが、「絶対無二」であり、他のモノを否定して

イデオロギーのぶつかり合いで、人と人が争ったり、傷つくモノを認めない。

それが、たとえどんなモノであったとしても。


女の子が、僕に聞きました
「宗教ってどう思います。」


「家族がバラバラになるようなら、そんな宗教おかしいし、ないほうが善い」
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-27 20:54 | すすきのの占い師

~映画『リトルブッタ』~調弦の喩え




「弦はゆるすぎては音が出ない、張りすぎては切れてしまう
良い音を出すには、その中間を歩まなければならない」




その時、ブッタは、悟りをひらくために、厳しい修行をしていました。

ある時、川に浮かぶ船の上から、親子の会話が聞こえてきました。

それは、楽器についての会話でした。


「弦はゆるすぎては音が出ない、張りすぎては切れてしまう


良い音を出すには、その中間を歩まなければならない」



と。映画では、その言葉を、聞いてブッタは「悟り」を開いたとしています。

悟りをひらいたブッタは、娘の薦めに応じて、食物を口にします。

それをみた、厳しい修行をしていた仲間達は、ブッタの元を去るのですが……。


厳しすぎる修行でも、怠惰な生活でもよくない。

ほどほどが良いと……ね。



好きな人がいて、二人で奏でる音は、どんな音?

一方が気づかなくて、何も音が鳴らない。

二人とも愛しすぎて、今にも切れてしまいそうな、高い音。




求めるのは、ホッとできるような優しい音色。

そう、ヨー・ヨーマの演奏するチェロのような。


力強さ、悲しさ、暖かさ……。


時には涙し、時には、優しく包みあう……。


いつまでも、そんな二人でいられたら……

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-24 01:27 | 映画

~Still I'm love with you~



ひとり、海をながめていた


何日も、何日も。



時間がゆっくり流れてゆく。


夏の終わった海には、


人影もなく、時が緩やかに流れる。


君と、出会い、そして別れ……

君とみたかった


君と一緒にいたいとおもった。


この場所で……


a0019501_20415.jpg



画面には、いくつもの君の笑顔

思い出の曲を聴きながら……


一つ一つ、忘れるように、DEL。




どれほどゆっくり時間が流れても、


どれほど思い出を振り返っても


戻る事のできない日々…。



一枚、一枚と、消えてゆく写真。。。

そして、


最後の一枚を残して、僕は空港に向かった。


君を思い出に変えて。




~『Still I'm Love With you』~

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-05-22 20:05 | 音楽