カテゴリ:ニュース( 32 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

kwoutをiPhoneから使ってみる

書籍「モバイル・コンピューティング」第一章(1):今、何が起きているのか——モバイルコンピューティングの時代 - ITmedia +D モバイル


なんとか使えそうな感じがするかな?

iPhoneアプリがあって

それと連携してくれたら

もっと使いやすいと思うのだけれも
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2010-03-31 05:01 | ニュース

鶏わさび ポテトチップス

カルビー、大人のポテトチップス「鶏(とり)わさび」をコンビニ限定発売 - 日経トレンディネット



大人向けのポテトチップス??

少しシンプルなデザインのパッケージ。

うーん、試してみたい!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2008-10-04 01:12 | ニュース

電気自動車の実用化?

電気自動車を主役の座に押し上げた電池技術 - ニュース - nikkei BPnet


2008年6月、東京から札幌市の北海道庁までの858.7kmを、富士重工業「スバルR1e」と三菱自動車「i MiEV(アイ ミーブ)」の2種類の電気自動車(EV)が走破した。このキャンペーンを実施したのは市民団体「日本EVクラブ」。このときのR1eの燃料費(電気代)は、たったの1713円だった。もちろん、燃料費を節約できただけではない。二酸化炭素(CO2)排出量も大幅に少なく、R1eのベースとなった軽自動車「R1」で走行した場合の排出量が1台あたり174.74kgだったのに比べ、EVは5分の1の35.12kgですんだ。


電気自動車が普及すれば?

二酸化炭素の排出量が減る

よりも!!

しずかになるんじゃい!!

確かに、自分も車に乗っていた時期がありました!

「マスタング」なんて、

ガソリンばらまきで、まったくアメ車なんだから!

って感じの車でした。


とにかく、まぁ、トラックにしても、なんにしても

電気自動車になれば、

音が改善される。

そうなると、高速道路などの

「防音対策いらなくなるじゃん」

いこーる!

その分税金節約できるんじゃい!


また、排出ガスがないから、

「環境破壊」の問題も改善されるだろうなぁ。。


まぁ、ハイブリッドでも、水素でも良いのだけれど、

国として、「こうする!!」って方針

決めて、

えいやぁ、!!!って一気に解決した方がよくないか??

とか、思ったりする。


とは、いうもののリチウム電池にもちょいと問題がないわけではない。

ので、

やったぜ、東芝!!





東芝は、CEATEC JAPAN 2008で同社の新型二次電池「SCiB」をモバイルノートPC向けサイズに小型化した試作機を公開した。

 SCiB(Super Charge ion Battery)は、従来のリチウムイオンバッテリーと基本構造は同じながら、安全性、長寿命、急速充電、大実効容量、高出力、低温性能を特徴とする新たな二次電池として展開。主にファクトリー系機器や電気自動車、電動アシスト自転車など、やや大型の機器向けの製品として量産が開始された。


これから、期待の「SCiB」 ですね。

それ以外にも、

電池には技術革新して欲しい!!

iPhoneのために!!

(って、結局、それかい!!)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2008-10-02 01:09 | ニュース

一番大切なメディアは?

東京新聞:BPOシンポで子ども調査報告 『テレビよりケータイ』:放送芸能(TOKYO Web)

記事にある、シンポジウムで、小中学生に対するアンケート

「あなたにとって一番大切なメディア」

と、いう質問に対し、「ケータイ」と答える小中学生が

テレビに匹敵している、という結果。


それを自分の生活に当てはめて考えたとき、

自分も「ケータイ」と答えるだろう。


「パソコン」ではなくて。


今まで「家にテレビ、パソコンがあるから」

生活の中心メディアとして、テレビがあったし

パソコンを利用していた。

けれども、ケータイ、特に911Tを使うようになると、


ネットのスピードは以前使っていたFOMAよりも早くなり、

ワンセグついているし、

添付ファイルで、PDFとかエクセルのファイルも

低容量のものだったら閲覧することができる。


また、通信スピードがあがったことで、

音楽やコミック、書籍のダウンロードが快適になり

それらも携帯を自然と利用するようになっている。

(本体容量が1Gあるって便利よねぇ)


そうして考えたときに、情報ツールとして

常に持ち歩くことができる、大きさ、重さで

快適に使うことができる。

情報を扱うツールとして

まだまだ不満な点もあるけれど、

それなりに便利であり、

その便利さは、パソコンやテレビ以上だと

いえる。



では、それらがなくなってしまって良いのか?

というとそうではなく、


携帯に対する「不満点」を補う為のツールとして

利用するようになるだろうし、


アンケートの結果もそうなっている。


アンケートに答えた子供達が10年後20年後

社会の中心で働くようになってきたときに、

自分はちゃんと「社会適応」できるだろうか?

できるようにしておきたいなぁ、と
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2007-09-15 14:53 | ニュース

販売価格は300円以上って事???

ネット無断配信で賠償命令 漫画家永井豪さんら勝訴 | エキサイトニュース
漫画を電子書籍化した場合の販売価格は300円を下らない。35%を使用料とするのが相当」と判断した。


まだ、「地裁」の判決ですから、

「判例法」にはならないと思うのですが。。

(と、法学にはあまり詳しくないので)

どういった経緯で、この判決がでたのかはわかりません。


普通に考えれば、著作権を無視して、勝手に

販売して、荒稼ぎしたから、賠償請求されて、

被告人は、賠償を裁判所に命じられた、と。

そういう内容なのですが、

まぁ、それは当然のこと♪


問題は!!

「漫画を電子書籍化した場合の販売価格は300円を下らない」

って???どういう事でしょう??

例えば店頭で500円で販売されているものを

出版社が、そのサイトで販売するときに、

「300円」を切って販売したら??


また、使用料と著作権料の違いは???


もし、作家さんに使用料として35%収入があるとすれば?


う~~ん、この辺不透明なのと、


法律で決めて良い価格制限なのかな?と。



自分が大学生の時に、書いたレポートの中に、

情報の価格決定理論は??

なんて事を考えたことがある。


ケインズの経済原論に当てはまらない事象に対して、

それを無理矢理当てはめようとする。。

そうしたことが社会的にゆがみになるだろうなぁ、と。

そんな感じの内容。


携帯を含めてネットが普及することによって

情報伝達にかかる「コスト」を抵抗値として考えた場合

その抵抗値は、ますます下がっていくだろう。


書籍であれば、店頭に置ける陳列

運搬にかかる、物流費

印刷……


そして、売れ残った場合の処理等々。


確かにデジタル化するためのコストはかかるだろうし

供給する側の「サーバー」維持コストもかかるだろう。


しかしそれらは、供給する量や種類が増えうることで、


平均化され、つまり、一書籍に対するコストを

さげる働きを持つ。



「書籍」や「ビデオ」は「モノ」に縛られているから、

それに対する「対価」として考えることもできる


そういった意味で、「経済原論」の考えが当てはまりやすい


ところが「ネットによる音楽配信、コミックの流通」


これは、当てはまらなくなってくるのではないか?と。


そうしたなかで、情報量の定額化を

法律的にさだめるのは如何なものかなぁ、、と

思ったりするのでありました。。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2007-09-13 22:34 | ニュース

記載ミスでは済まされない問題。



最近、政治家管理団体の
お金にまつわるニュースが連日のように報道されている。

そして、免罪符のように利用されている理由が、

「記載ミス」

で、ここで国会では「予算」を扱う場所であり、

代議士一人一人は、一つの事業主のような存在であり、

「会計」に対する意識が低すぎる!と思わないのか?

そして、会計をほんのちょっとでも勉強していれば、

「借り方と貸し方の金額が違う」

イコール、記載ミスを発見することができる!(はず)


帳簿をつけるのが大変だから?

記載するのは5万円からとか1万円からと、

いい加減な数字を言ってくる。


全国の事業主に対して、国税局の「査察」を考えみろっって


なに?国会議員だから、特別だから??

そういうことをしなくても良いと??

面倒なことはしなくていい、

ざるで、勝手にお金を遣うことができる??


そんな「国会」だから、「官僚」に甘く見られて、

官僚も、猫ばばしたり、隠し金とか普通にやっていたりするのだよ。


国会議員になって、簿記検定3級程度の知識は、

普通にもっておけや!!

3級の時点で、「記載ミスってなに??」

ありえないでしょ?と事務所に対していえるから!!


と、ごまかしの言い訳をそのまま受け取るほど、

国民をなめとんのか!!

当たり前のことが、当たり前に言える国にならないかなぁ、と。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2007-09-06 15:15 | ニュース

ユビキタス特区


Excite エキサイト : 経済ニュース



http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-23150-storytopic-3.html
(琉球新報 5月12日)

ユビキタス社会は
(1) 携帯電話での商品情報の簡単読み取り
(2) 電子タグ(荷札)と携帯電話による簡単決済
(3) 独居老人の遠隔見守り
(4) 自動車と歩行者の衝突を防ぐ高度道路交通システム
など…


それを電波に比較的余裕がある北海道や沖縄で!と言うこと。

ユビキタスのメインはやはり携帯電話で、

携帯電話をつかって、買い物するときに

商品情報を読み取って、簡単に決済を。

というが、イメージしやすい。


わざわざ携帯で決済する必要があるのか?

なんだけれども。

確か仙台の方でEdyを導入しているスーパーなどでは

高齢者にウケがいいらしい。

というのは会計するときに「小銭」をだす

煩わしさがないからというのが理由らしい。


未だに携帯電話を持たない人もいるけれど

確実に少数派になっている。

また、国の政策で「3G携帯はGPS付き」が標準機能になっている。

GPS機能を使いこなせるかどうかは
\(^_\)ソレハ(/_^)/コッチニオイトイテ

IT化、ユビキタス化が進む中で、

パソコンのハードルは思った以上に高い。

またユビキタス用のハードを一人一人が持つ可能性…

ほとんどないな♪

であるなら、「携帯」の機能として

ユビキタスが利用できる環境を整えるのは

自然な流れだと言える。


しかしわからないのは「ユビキタス」

できることはわかるけれども

それによって得ることができる恩恵って……なに?


そう、技術はできることと、普及することは

いつの時代でも「イコール」にはならないのだ。


どれだけ「便利」と思われるモノでも

普及への道のりは遠く険しい……

ユビキタス…その恩恵がはっきりと見えてこない中で

どれだけ普及するだろうか??



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2007-05-13 16:39 | ニュース

だからexciteブログが好き♪

Excite エキサイト : 社会ニュース

 
exciteでも、動画ログ(ドガログ)を使えば動画を投稿できるサービスがはじまっている。ではその投稿された作品をどれだけ見たことがあるか?といえば……2,3本。
新しい表現方法として、音や映像を共有できることは「個人が情報を発信する」ツールとしてこれから広がりをみせる(はず)

 と、個人レベルでいろいろなことを書いたり表現したり、発表する!事が目的なんだけれどもそれに「商用利用」=「お金」が絡むと「不正」という問題が必ずと言っていいほど生じる。

 今回のYouTubeにしてもそうすることで何らかの利益が生じることから行われた(と思う)

記事にあるように
「ユーチューブの今回のような例は、動画サービスに限れば国内では聞いたことはないが、ネットサービス全体で見れば珍しくない。今回の報道は氷山の一角で、すでに国内でも起きている可能性もある。」




ネットを利用している側としてはこのような「広告」と多少付き合わされる事を覚悟しなければならない。その上で、それが「不正かどうか」を問題にならないようにするためには個人の行動により抑制することもできるのではないか?と。(これ「仮定」)

無料で利用することができるブログはいくつもあります。自分も、ライブドアに、gooにアメーバ、それにLiveSpaceといろいろと試しました。その多くは、ブログに「広告がつく」(ブログの利用を「有料」にすると広告がはずれる仕組みもあるけれど)ものです。その点exciteブログは、「広告がデフォルトではつかない」のが好感が持てるのです。
つまり、情報の発信者たる個人が、責任を持って「広告」として自分のブログに載せることはできる。このことが気に入っているポイント。

広告をつけてそれで収入を得ることは「機能」としてついているのだから利用する、しないは個人の自由。その一方でそれを閲覧、利用する側は「これは広告なのだ」と意識する姿勢が大切。

つまり「アクセス件数」「人気ランキング」等で惑わされない、選択(クリック)ができるようにしていこう、と。(個人的には思う)

どうも自分は、「人気があるから」と言うことに対して「嫌う」性質を持っているようで、「みんながいいと思っているんだったら、それはそれで。自分で、自分の視点でいい物探そう♪と」つい思ってしまう。

もちろんネットを利用しているのだから、「人気のあるサイトとか、話題になっているモノを観たりはするけれど、それが「購買意欲に結びつかない、結びつきにくい」だけ。

ネットが発達したことで、個人が「選べる幅」が広がった。今までの「マス的」広告から、One to One的な選択が「技術的」には可能になった。だとすれば、個人の購買活動もそれにあわせて変化してもいいのでは?と思う。





[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2007-05-12 16:35 | ニュース

東京オリンピック前のニッポン。。。




Excite エキサイト : 国際ニュース

Excite エキサイト : 経済ニュース

1980年代日本は、「マネ」で経済大国の仲間入りをしたと言われた時期があったような?
日米構造協議。大学に入ってすぐの頃。
90年からその前10年を振り返ってみると経済大国と呼ばれるまでに「ジャパンバッシング」が世界中、特にアメリカから。

(そのためになくなった、輸出できなくなった日本製OS「TRON」あれはとても良くできていたのに……)←それは別のお話♪


中国を擁護するつもりは全くありませんが、日本にもそれに似た背景があったということ。そして模造品だ海賊版を一番購入している、ターゲットになっているのが日本だと言うこと。それを踏まえた上で「今回の遊園地」を含めて考えた方がいいのでは?と。
一方的に批判することはできるけれども、では日本がまったく潔白だ!とは言えないのではと思う。

中国製の新しく発表された車についても「日本の車種に酷似している」といわれ、「だから中国は……」のように言われている。
けれども日本の経済成長の過程においても「マネ」と言われたことがある。

批判することは簡単にできるけれども、それに対して「注意」することは政府の仕事。個人のレベルでできることを考え行動したい。
たとえば、「海賊版・模造品」を購入しない、通報する、ネットで晒すとか?
そうしたことはすぐに日常レベル個人レベルで行うことができる。

一方で日本の知的財産権に対する認識も決して高いとは言えないのでは?と反省。
自分は、「音楽」は購入するモノだと思っている。ただで聞ければ嬉しいとは思うけれど、CDやネットで販売されている楽曲を無料でゲットしようとは思っていない。それは著作権保護を意識しているから。しかし、無料で段ロードして利用することが「当たり前」という意識を持っている人が皆無ではない。


中国は「国の意識」として「知的財産保護」に対する意識が低いのかもしれない。しかしそれは日本でも同様だった過去がある。東京オリンピックをさかえにして徐々に根付いてきた……と言われているけれど……果たしてどうなんだろうか?
日本でも、個人レベルにおける「知的財産保護」に対する意識は決して高いとは言えない。
(言えるというのであれば、日本国内で海賊品や模造品が販売され、購入している人がいるか?を想像する必要がある)

中国の知的財産保護に対する姿勢は確かに問題があると思う。しかし、「酷い」「問題だ」と言うだけではなく、それを反面教師として個人レベルで「排除」する意識を持てるきっかけになればいいなぁ、と。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2007-05-12 14:45 | ニュース

日本の場合は?

Excite エキサイト : 国際ニュース

自分の記憶が曖昧ながら

小さい頃に10円玉は13枚か、16枚までしか一度に使うことができない。

→通貨として認められない

→受取を拒否することができる


という法律があったような気が……


それは6歳の時電車に乗ろうとして硬貨の枚数が制限されていて

どうしてかなぁ??とおもって調べたときの記憶。

枚数が、13枚か16枚だったか……


とはいうものの実際日本ではどうなのか?

ネットで検索すると(便利な世の中だ)





「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」(昭和62年法律42号)7条に規定されています。同条によると、「貨幣は、額面価格の20倍までを限り、法貨として通用する。」とされています。

 貨幣の使用枚数に制限が設けられているのは、「貨幣の耐久性等の小額取引きに適していますが、多量の場合にはその保管、計算等に手数がかかるため、一回の取引(買物等)で多量に受領すると受領者が不便をこうむり、取引の効率が損なわれる恐れがある」ということが理由。


となっています。

と、いうことは、この場合20枚までという制限がある!


今回のこのニュースは「硬貨を何枚まで認めるか?」ということ。

全ての硬貨を認めれば、「取引効率」が損なわれることは明らか。
(珍しく日本の法律合理的)


なので、無制限に認めるというのはどんなもんなのかしら???
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2007-05-11 17:17 | ニュース