カテゴリ:天空/時空( 8 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

カノッサの屈辱…再び



1990年放送されたカノッサの屈辱

今宵、17年の時を超えて(笑)

一夜限りの復活

オープニングそのままかぁ(笑)

教授は「伊武雅人さん」

今日の授業

「携帯電話の歴史」

一枚の絵画
携帯電話創造図(ミケランジェロ作♪)


電話国家同士の戦い

携帯文明(創世記)

20年前 アダムに携帯電話を渡す

「アダムはかなりお金持ち」

98300円
保証金 200000円


黎明期

神聖N帝々国

1979年 自動車電話 発表(電話線の存在しない)
7kg

1985年 ショルダーフォン 3kg
(通信兵と呼ばれる)

1987年 携帯電話 900g

重量よヘリニズム文明



恩恵はすべての民衆に行き渡ることはなかった。
(携帯電話初期費用30万円)=お金持ちのみ

テレ封建制度


ゲルマン大IDO民族


「ミニモ」で戦いを挑んだ。
298g 

1991年 ムーバの戦い。

「ムーバ」が大勝 

ムーバビロン捕集


1993年アナログ方式からデジタル方式へ移行

着信相手の番号が表示されるようになる。

「もしもし」を使わなくなる。

携帯の軽量化とデジタル化。
携帯所有率は3%
それまでは「レンタル制」

1994年 携帯宗教家の登場

携帯宗教改革
宅間伸ルター

「買い取り制の導入」

Jフォラアンク帝国


個性的な携帯で販売勢力

販売戦争。安売りの戦に突入。「バラ(売り)戦争」

たたでクレルモン宗教会議

携帯の普及率

NTTパーソナル PHS繋がりにくい 050=貧乏の象徴

1998年 若い女性。
恋愛に使う
ノリカテリーナ Jフォランク帝国


アメールカ大陸

バクコオダガマ


新大陸発見とメール

1998年 大航海時代

「メール」という文明を手にする

ゲルマン大IDO帝国
バスコ=織田=ガマ 

神聖DoCoMo帝国

1999年 iモードの開発。250文字。

神聖ドコモ帝国は250字軍

三大発明
① インターネットへの羅針盤
② 着メロ(火薬の
③ 活版絵文字印刷術

「着メロギルド」の台頭

出会い系サイト「メールネサンス文明」

ラブレターはメールでするモノ。


暗い時代。

未成年娼婦の横行
黒パケ死病

テルでメール反動

ドメイン指定受信
受信囲い込み運動


暗黒時代に ノリカテリーナ。

携帯社会の革命。
「写メ発明」

写実メール主義


ノリカテリーナ 

コペルニクスの天球回転論
「情報」すなわち「知」をやりとりし通話料を稼ぐモノ

「ちどうせつ」


様々なサービスを提供して店の周辺を動かす
「店動説」

i-shotを開始している。


写メの開発

次の時代。。

大au帝国 着うたという武器で列強各国に戦いを

仲間ユキエリザベス一世


新興勢力と二大覇権の時代

2001年
テレビ電話FOMA(宇多田ルク)劣勢

FOMA 繋がりにくく重かった店店

2001年 ブルボーダフォン王朝

大英U帝国 
仲間ユキエリザベス一世

彼女の制作は庶民若者向けの携帯電話改革
「着うた配信」

着うた第1号 ケミストリー

無敵艦隊

2004年 大英U帝国に対抗して 

おサイフ携帯サービスサービス

免財布 「加藤あい女王」

2006年
「ワンセグ携帯」発売

テレビと協賛等宣言


皇帝 ナポレ孫=正ハルト の登場
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2007-04-30 10:20 | 天空/時空

死んだ猫の謎……

三菱電機 DSPACE/2006年2月コラムVol.1[月のダストは火薬の匂い!?:林公代]

初めて、宇宙や科学に興味を持ったきっかけは
カールセーガン博士が書いた「コスモス」だった。

きっかけは、それを元に作成された、ドキュメンタリー番組。

テレビだった。

本で読んでもわかりにくかったであろう内容を

映像を通して、興味深く見たものだった。


それは、ちょうどボイジャー計画を推進していた頃で、

宇宙にメッセージを送ると言うことに心ときめいたものだ。


その後、幾数年を得て

「ライトスタッフ」にであう。

アメリカが、ソ連に後れをとりながらも宇宙計画を推進した頃の話。


空軍のテストパイロットと、宇宙飛行士を対比して。

とても印象に残っている作品の一つ。


その後、映画では、トムハンクスの「アポロ13号」

ジョディーフォスター主演の「コンタクト」と話は続く。


まぁ、「コンタクト」は賛否両論ありますが、

原作が、「カールセーガン博士」ということで、

空想と理論の狭間。そこに、想像というエッセンスを加えている。


トムハンクスは、アポロ13号の後に、テレビドラマをプロデュースしている。

「人類月に立つ」
~From the earth to the moon~

ライトスタッフ後の「アポロ計画」について描かれている。


もし、その作品を見ることがなかったら、

アポロ17号について知ることはなかっただろう、と。


宇宙飛行士の多くは、「パイロット」である。

今でもそうなんだけれど、スペースシャトルを含めて

「宇宙船」は、空軍のテスト機扱いだから、

パイロットは軍属でなければいけない。


しかし、13号以降、

「月にいって、ナニするねん」と世論が反発する。

でも、未だに、「どうして月があるのか?」

その起源がわからない。


そう、「地質学者」が月に必要があったのね。
(建前かもしれないけれど)


そう、行くことで、「におい」を知ることができたのだから。

もう30年もたった話。

また、人類は「月に立つ」

そして、「火星に向かう」





「死んだ猫のなぞ」

もしも、そこに死んだ猫がいたとして

その猫はなぜ死んでいたのか?

その猫からわかることはあるけれども、

その猫がどこでなくなっていた?


その状況からわかることがある。

「状況」が大切なんだと。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2006-02-06 00:14 | 天空/時空

祝!!小島 聡選手




「いっちゃうぞぉ、バカヤロォ~」

武藤社長にけなされ、

川田選手にも、

「小島はダメだね」



今までの戦い方を否定され、もがき苦しんだ、


小島聡選手。




世紀の一戦





全日本プロレス

プロレスLOVE~夜のシャイニングインパクト~


(なんちゅ~~タイトルだ)
いや、文字だけ読んだら、それほどでもないんですけれど、
ナレーターの方の言い方が……ちとやらしい。(*^^*)


月曜日の深夜2時……

はっきり言って、厳しい時間です。

見逃してしまうことも、一度や二度ではありません。




でも、全日本プロレスは、


「明るく、楽しく、激しい」



プロレスなんですね。

プロレスが好き!

その気持ちがあれば、誰でも受け入れてしまう

気持ちの大きさがあるように感じます。


自分が持っている唯一のプロレスビデオ。

武藤敬司 ナチュラルボーンマスター


デビュー戦からの軌跡をつづったDVD。


自分の試合を観ながら、コメントしているのですが、

その中で、なるほどと思ったコメント。。




「プロレスは思いやりのスポーツなんだ!」



相手に技をかけて、そして技を受ける、受け止める。

そう、プロレスの強さって、

人間としての強さを表現するスポーツなんだと




リアル格闘技が全盛です。

K1にプライド……確かに多くの人を惹き付けます。

が、殺伐として、

笑いもなくて、

試合中相手を思いやる事がない。
(それだと勝てないですけれど(笑) )


相手の良いところを引き出す。

それでいて、さらに自分の良さを引き出す。


プロレスには、力と技のぶつかり合いではなく、

気持ち、人間としての大きさの競演がある、

そんな気がします。



現在、NOAHでは、生きる伝説

小橋健太選手がいらっしゃいます。


長期の入院で、復帰も難しいと。

しかし、今、もっとも輝いています。


「このGHCのベルトをより輝かせるために」


それは、タイトルマッチという興業をこなすのではなく、

より多くの人に感動を与え、

肉体・精神の強い男達の気持ちと気持ちのぶつかり合いが

奏でる、シンフォニー。


それは、自分が圧倒的に強いのではなく、


チャンピオンとは、相手の力を120%引き出して、

さらにその上で強さを表現しえる人に与えられる称号です。。




プロレスLOVE



それは、切磋琢磨しあうことで、自分を磨き続ける大切さを伝える。



小島聡選手!




史上初の

偉業達成おめでとうございます!!


(って、興味ない人には何の話かわかりませんよね)


う~~~んと、昭和世代で言うならば!!
「全盛期の猪木とジャイアント馬場の代理戦争!!」

プロレス人気が衰退している中で、起爆的効果を狙ったと言われる。

だからといって、みる人が増えるとは思えないのですが……


でも、熱い試合を観て、ほんの少しで心の琴線に触れて、

「自分もがんばらなきゃ!!」って思えたら!!


プロレスファンです!!


プロレスは、結果ではなく、試合の過程におもしろさがあると思うのですが?
(※ちなみに、自分はそれほど熱心なプロレスファンではありません)(笑)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2005-02-21 00:38 | 天空/時空

有賀三希子さん。


写真を撮らせてください!!

とは、さすがに言えなかった。



個人の写真をアップすることは、

ためらいを感じてしまう、

cozyです。




東京プリンスホテルで行われた


展示会には、様々なデザイナーさんが

出品されています。


そのどれも、素敵なんでしょうけれど、


自分の琴線に触れるものとの出会い……


なかなかありませんでした。



そんな中で、初めての感動。



自分の感性と


共鳴しました。



探していたのは、


これだぁ!!って


感じ。


が、


さすがに42万円……


今は、買えないなぁ。



(以前だったら……)

→ 内緒。

まぁ、全く購入しなかったら、

「毎年呼ばれることはない!!」

(買ったことはあるのですよ)




でも、一つだけ決めたこと!



もしも、結婚することができたなら!

(無理そうなんですけれど……)


もしも、婚約指輪を贈るとするならば!!

(婚約はできるかもしれないけれど)



「天空」にします!!




間違いなく。



もう、貴金属は買うことないと思っていましたが、



大切な人に、贈りたいと思ったら。


有賀三希子さんデザイン「天空」です。


そんなに、自分にセンスがあるとは思えませんが、



「自分の直感を信じる」



ことは、できます。


「すすきのの占い師の名にかけて!」




………………………………………




すすきのの占い師はいるし、

seamonatorさんは、「知り合い」だし。
(最近登場しておりませんが)


顔写真は、無理でしょう。さすがに!



デザイナーさんとお話しすることは、

あまりなかったのですが、

自分の担当が呼んできてしまって、



(呼ぶなよ!!)
→本気で心の叫び!!




とても、素敵な方でした。

年齢は30才という事でしたが、


見た感じ、20代半ば。


知性とかわいらしさ、おとなしい中に、

凛とした、力強い瞳に力を感じる方です。


先に、作品を絶賛していた自分。

お会いして、お話をして、

自分の感覚に「近い」と思った。


(ただ、あわせて頂いたのかなぁ……)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-10-24 16:49 | 天空/時空

百聞は一見にしかず

しかし、写真は、実物に及ばず。


携帯で撮った写真ですから!


まぁ、仕方がないのですけれど。

今まで見たことのあるピアスの中で、

一番のお気に入り。



a0019501_7282747.jpg





ポイントは、3つ。


① アクセントのピンクサファイヤ?

② 立体的に配置されたダイヤ

③ ペアシェイプカットの効果



平面で捉えるのではなく、


立体的な視覚効果を意識しているとのこと




一つの作品で表現される、


内宇宙。



高価でありながら、

隠された気品。



自分の中の価値観で、

「宝石が主役になってはいけない」

と、いうのがあります。




洋服を選ぶときでもそうですが、

派手なもの、印象の強いものを

選んでしまうことがしばしば。


しかし、実際に、身につけてみると


自分の持っているものに


あわなかったり

出かける場所が限られてしまう。


『天空』は、


さりげなく

それでいて、魅力的。


自然に、眼を惹き付ける。


身につけたときに主張しすぎることなく

協調性があり完成されるイメージ。





凝縮と解放のコントラスト。

二律相反するものの織りなす

ハーモニー


それはまさに

『時空』を表現している。


有賀三希子さんとの会話で、

「ご自分で身につけるのですか?」
(有賀さん)



(え?それは、ないでしょうと思いながら)



「二丁目デビューの予定はありません!」




あぁ、知的な女性に対して、

自然とギャグで返そうとしてしまう、自分。



それでも、微笑んでくれた、

有賀さん。

………


まともに顔を見ることができませんでした。


もっと、女性経験があれば!!


緊張しないで


いろいろな話をすることができたのに!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-10-24 15:29 | 天空/時空

②立体的なダイヤの配置

a0019501_14405422.jpg



右側にある下に流れ落ちるような

曲線。

その曲線は、平面的ではなくて、

立体的になっています。


普通は、その部分はフレームとして


プラチナとか、ゴールドを使うのですが


一見すると、わからないのですが、

ダイヤでアクセントされています。


有賀三希子さんのこだわりで、

ダイヤのきれいな配列としてのこだわり。

「二爪」

はじめ、ショーケースで見たとき、

あれ?と思った。


ショーケースから取り出して、


じーっと、見つめたときに、

はじめてダイヤと気がついた!


さりげない、それでいて欠かせない

アクセント。


ダイヤのブレスレットを、

携帯のストラップに加工させた、

お馬鹿な人もいますが(笑)

留め金部分 プラチナで2万円也



さりげない演出。

すばらしいです。



一緒に見て回っていた担当の人は

しばらくたっても、


気がつきませんでした!!



実は、このダイヤの配列には、

さらに細かい演出がされているのですけれど。

そこまで気がつく人は、

さすがにいないですね。



また、曲線を立体的に下におろすことで、

人の肌の色を作品に取り入れる

演出をされていると言うこと。

身につけたときに

完成する

装飾品。


すばらしいです。

『天空』お気に入りピアスコメント②

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-10-24 14:40 | 天空/時空

①アクセントのピンクサファイヤ?


なのかなぁ。

自信なし。

a0019501_14283021.jpg


これが、ピンクダイヤだったら………


すごいことになるんですけれど。



色の付いている石をアクセントに使っているのですが、

その上に二回り大きめのダイヤを配置しています。

同じ大きさではなく、色が付いている分の


差し引いたようなバランスの良さ。


石としては、小さいけれども


色が付いているから


バランスが良くなっている。


『天空』お気に入りピアスコメント①

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-10-24 14:28 | 天空/時空

天空…時空

地中の奥深くに眠る

生命は

空前の軌跡によって

蘇る。

それは想像を遥かに越えた

空の

ファンタジーとなって。


~「天空」ポストカードより~



プリンスホテルの鳳凰の間には

千を越す貴金属が陳列され

初めて行った時には

圧倒されました。


既に何回も行っているので

慣れましたが(笑)

おかげで、街中の

宝石店では

驚くことも

感動することも

なくなりました(笑)


展示会でみるものも

特に、気になるものが

なくなった!



と、思っていたのですが

感動した!
(小泉首相ふうに)

とても感動しました!


あるデザイナーさんとの

出逢い

ブランド名
『天空』

惹きよせられる

吸い込まれる

そう、

それはワインで言えば

『オーパスワン』

との出逢いに匹敵!


素晴らしいです!

有賀三希子さん!
(デザイナーさんのお名前)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by cozysc | 2004-10-23 15:45 | 天空/時空